和の酒に合うチーズの酒肴
重厚感のある日本酒と合わせたい"クリームチーズ酒盗がけ"

重厚感のある日本酒と合わせたい"クリームチーズ酒盗がけ"

思い立ったらすぐつくれるのも嬉しい一品です。酒盗を細かく刻むと口当たりがよく、チーズと溶け合います。チーズといえば、当然ワインと合わせたくなりますよね?でも、和の酒にもチーズのつまみは魅力的なんです。チーズつまみを洋から和に変換するポイントは?東京・赤坂にある人気居酒屋「まるしげ夢葉屋」の店主・小久保茂紀さんに伺いました。

“クリームチーズ酒盗がけ”のつくり方

マイルドなクリームチーズは包容力のあるフレッシュチーズなので、魚を発酵させた珍味・酒盗とも相性抜群。チーズが酒盗の癖を和らげ、後引く味わいに。ちびちびつまみたい肴が欲しいときにもってこい。

材料材料 (つくりやすい分量)

クリームチーズ適量
酒盗適量(市販)

1切ってかける

クリームチーズを8mm角に切って器に盛り、細かく刻んだ酒盗をのせる。

盛りつける

合わせる酒は「伊予賀儀屋(いよかぎや) 純米原酒」

伊予賀儀屋(いよかぎや) 純米原酒

穏やかな香りとは裏腹に、重厚感ある味わいが楽しめる期間限定品。旨味の強い素材とチーズを合わせた肴に。

このレシピは四季dancyu「秋の台所。」に掲載されたものです。

四季dancyu「秋の台所。」
四季dancyu「秋の台所。」
A4変型 判( 120 頁)
2019年09月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する

文:安井洋子 撮影:工藤睦子

安井 洋子

安井 洋子

九十九里生まれ。東京に住んでみたけれど、海が恋しくなって葉山に移住。雑誌やウェブに食まわりの記事を執筆する。息抜きは、ナチュラルワイン好きの聖地・鎌倉でのひとり飲み。