満足感たっぷりのサンドイッチをつくろう!
がっつり肉々しい"チキンとベーコンのクラブハウスサンドイッチ"

がっつり肉々しい"チキンとベーコンのクラブハウスサンドイッチ"

今回ご紹介するのは、定番の具材に一手間加えたパンチのあるサンドイッチです。新しい具材の組み合わせ、楽しんでみてください!季節感を大切にした素材選びと、つくりやすいレシピに定評がある料理研究家の井原裕子さんに満足感たっぷりのサンドイッチを教わりました。

“チキンとベーコンのクラブハウスサンドイッチ”のつくり方

なんとも食欲をそそるビジュアル! チキンにベーコン、目玉焼きとふだん使いなれた食材でも一緒にするとこんなに豪華。食べる人を笑顔にするサンドイッチです。

材料材料 (1人分)

サンドイッチ用食パン2枚 (耳つき)
バター大さじ1/2
マスタード適量
鶏もも肉120g
少々(鶏肉用)
胡椒少々(鶏肉用)
ベーコン2枚(40g)
1個
レタス3枚(45g)
トマトの輪切り1枚(30g)
オリーブオイル大さじ1
トマトケチャップ小さじ1

1下ごしらえ

鶏肉は余分な脂を取り除き、肉の表面数カ所に切り込みを入れて筋を切り、塩、胡椒をふる。ベーコンは長さを半分に切る。

2具材を焼く

フライパンにオリーブオイル大さじ1/2を熱し、卵を割り入れる。あいたところにベーコンを入れて弱火で焼く。ベーコンは両面を焼いたら取り出す。目玉焼きは1~2分焼いて裏に返し、黄身が固まるまで焼いて取り出す。

3鶏肉を焼く

フライパンにオリーブオイル大さじ1/2を足して熱し、鶏肉の皮目を下にして入れる。弱火で3分ほど皮がこんがりとするまで焼き、裏に返して2~3分焼く。

4仕上げ

パンは2枚重ねてトースターでこんがりと焼く。焼けていない面にそれぞれバター、マスタードを塗って、1枚のパンの上にレタス、目玉焼き、ベーコン、鶏肉をのせる。鶏肉にケチャップを塗ってトマトをのせ、もう1枚のパンで挟む。手で軽く押さえて2~3分おき、なじませてから切り分ける。厚いので竹串などで刺して持っていっても。

仕上げ

教える人

井原裕子 料理研究家

DELISH KITCHEN副編集長を務め、食生活アドバイザー、野菜ソムリエとしても活躍している。節感を大切にした素材選びと、つくりやすいレシピに定評がある。

構成:中村裕子 写真:野口健志

※この記事は四季dancyu「夏の食卓。」に掲載したものです。

四季dancyu夏の食卓。
四季dancyu夏の食卓。
A4変型判( 116 頁)
ISBN: 9784833477079
2018年06月05日発売 /1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。