外ごはんでも美味しい豪快焼きそばレシピ
大葉が爽やかに香る和風仕立て"水なすとお揚げの焼きそば"

大葉が爽やかに香る和風仕立て"水なすとお揚げの焼きそば"

肉を使わず上品な味わいに仕上げながらも、食べ応えが十分にあり、さまざまな旨味が渾然一体となった一皿です。好評発売中のdancyuムック「アウトドアクッキング 外でもおいしく!」に掲載された「焼きそば&カレー」から、珠玉の焼きそばレシピをご紹介。アウトドアで楽しむもよし、休みの日のランチにするもよし、豪快で美味しい焼きそばのレシピです。"焼きそばの天才"こと宮永久嗣さんの、衝撃レシピをとくとご覧あれ!

“水なすとお揚げの焼きそば”のつくり方

せっかく水なすを使うなら、いろいろなおいしさを楽しみたいですよね!この焼きそばは、漬けた水なすと生の水なすの両方を使って、食感や味わいに変化をつけます。油揚げは、肉の代わりに加える具材。香ばしさが出るくらいによく炒めるとグッとおいしさが増します!

材料材料 (1人分)

中華麺1玉(焼きそば用)
水なす1と1/2個
油揚げ1枚分(細切り)
青じそ8枚分(せん切り)
塩昆布5g
ポン酢適量
醤油適量
大さじ1と1/2
胡麻油適量

1水なすを漬ける

水なす1個はへたを落とし、切り込みを入れて、縦6等分に手で裂く。ファスナー付き保存袋にポン酢と醤油を同割になるように入れて(量はなすがつかる程度)、裂いた水なすを2時間以上浸しておく。味がなじんだら手で小さめの一口大にちぎる。

水なすを漬ける
水なすは味を入れるために、手で裂いてからポン酢と醤油のタレに漬ける。ファスナー付き保存袋に入れるとしっかり味がまわる。

2残りのなすもカットする

残りの水なす1/2個は、飾り用にスライスしておく。

3調味液をつくる

小さめのボウルに塩昆布を入れ、1の漬け汁、酒を加える。

4水なすを炒める

フライパンに胡麻油をひいて火にかけ、油揚げ、1のちぎった水なすを加えて炒める。

5麺を加える

サッとゆがいた麺を入れて炒めたら、3を回し入れる。味が回ったら、青じそを2/3量入れてざっと混ぜる。

6器に盛る

器に盛り、残りの青じそを散らし、2の水なすを添える。

完成
タレに漬け込んだ水なす、油揚げ、塩昆布、青じそ、そして生の水なす。和食のエッセンスを感じる上品な味わいに仕上がる意外な相性に驚く。

教える人

宮永久嗣

宮永久嗣

フレンチをベースに多彩な料理をつくる。中華鍋でつくる焼きそばも絶品。大阪、東京・銀座、赤坂などのワインレストランを経て、現在は新たな店の開店準備中。

写真:邑口京一郎 構成:編集部

※この記事は「dancyu アウトドアクッキング 外でもおいしく!」に掲載したものです。

dancyu アウトドアクッキング 外でもおいしく!
dancyu アウトドアクッキング 外でもおいしく!
A4変型判(92頁)
2021年6月11日発売/880円(税込み)
この本を購入する