dancyu食いしん坊俱楽部
小山薫堂さんも驚く「食パン」のアイデア続々! もっと自由においしくパンを食べよう。 「みんなのHAPPYパン」イベント

小山薫堂さんも驚く「食パン」のアイデア続々! もっと自由においしくパンを食べよう。 「みんなのHAPPYパン」イベント

フルーツサンドは日本酒が合う!? 小山薫堂さんとdancyu編集長・植野広生の“食パン料理”レシピも公開!「パンをもっとおいしく、楽しく食べる」をテーマに約300名の参加者と盛り上がったオンライントークイベント「みんなのHAPPYパン」。そこで出た、夜に食べる「食パン」の使えるアイデアなどイベントの模様を紹介します。

MY HAPPYパンは、ちくわパン? 小山薫堂&植野広生のトークで盛り上がる

右から、dancyu編集長で食いしん坊倶楽部部長の植野広生、放送作家の小山薫堂さん、MCのフリーアナウンサー・松尾英理子さん、パンの最新情報を教えてくれた日清製粉グループ/日清製粉株式会社の施雅雯(し・がぶん)さん。

「ほんと、パンはHAPPYってイメージがありますよね。焼きたての香りが漂ってきたら、それだけでHAPPYです」(小山薫堂さん)

料理には、みんなを幸せにする力がある──。そんな思いをこめて、dancyu食いしん坊倶楽部が、コミュニケーションメッセージ「HAPPY MENU TO YOU!」を発信している日清製粉グループの協賛を得て3月27日に開催したオンラインイベント「みんなのHAPPYパン」。

第1部は、小山さんが今、お気に入りのパン紹介から始まった。まずは自他ともに認めるパン好き、小山さんの“MY HAPPYパン”はこちら。

MY HAPPYパンを紹介する小山さん。前列左から時計回りに、横浜・石川町「よつばベーカリー」のパン(中央がちくわぱん)、「下鴨茶寮」料亭のあんぱん、モスバーガー「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パン」、JAL国際線ファーストクラスのパン。

なかでも、参加者のチャットで盛り上がったのは「よつばベーカリー」のちくわぱん。小山さんがDJを務めるFMヨコハマの長寿番組「FUTURE SCAPE」の人気コーナー、街のおいしいパン屋さんを紹介する「日清製粉グループ presents HAPPY MENU TO YOU! ドアサベーカリー」を通じて出合った北海道発祥の調理パンだ。ちくわにパン生地を巻き付けてマヨネーズとともに焼き上げてある。

キッチンに立つ小山さんとdancyu編集長・植野。

続く第2部は、舞台をキッチンに移した「食パン」を最高においしく食べる!方法。小山さんと植野がそれぞれ3品ずつお気に入りの食パン料理を披露し、参加者からの投票で順位をつけるという料理対決も。気になる結果発表と人気1位、2位の食パン料理レシピは本記事末に掲載!

フルーツサンドと日本酒が合う!夜に食べる「食パン」アイデアに驚いた

小山さん、植野も太鼓判を押したフルーツサンドと日本酒のペアリング。フルーツサンドは、苺、バナナ、キウイ。日本酒は、醸し人九平次 純米大吟醸 別誂(べつあつらえ)。
施雅雯(し・がぶん)さん
一同絶賛のペアリングを教えてくれた日清製粉グループ/日清製粉株式会社 製粉営業企画部の施雅雯(し・がぶん)さん。製パン団体の窓口を担当されており、ベーカリーのトレンド情報を収集することを主な仕事とされている。

第3部は、夜に食べる「食パン」アイデアをみんなで考えるコーナー。そして、ここからトークに加わった日清製粉株式会社・施雅雯さんによる夜に食べる「食パン」の最新情報に、小山さん、植野、参加者のチャットコメントも大盛り上がり。何とフルーツサンドと日本酒のペアリングだ!

「日清製粉グループが運営するサイト『パン食系女子』で紹介しているペアリングです。フルーティーな日本酒とフルーツは、果実の酸味と甘味、乳製品の旨味の相性がいいんですよ」(施さん)

早速、好きな苺サンドを食べて冷酒を一口飲んだ小山さん。「うん、合いますね」ときっぱり。「フルーツだけじゃなく、食パンがあってこその相性の良さ。食パンが日本酒とかくも合うのか!というのは発見です。衝撃的でした」。

植野も続けて「ほんとだ。フルーツって甘いだけじゃなくて酸味もあり、さらにクリームの旨味やコクも加わるので、日本酒の味の要素と似ていることに今、気がつきました。何種類かタイプの違うお酒と、何種類かのフルーツを合わせると、すごく面白いと思います」。

さらに、施さんがあげた夜に食べる「食パン」の最新キーワードは、カツサンドなどの「ガッツリ系」、ホットサンドなどの「温かいもの」、そして「和の食材や料理」との組み合わせだ。

「特に『和の食材や料理』との組み合わせは、肉じゃが、すき焼き、ひじき、納豆マヨなど常備菜的なものを食パンにのせたり、食パンにフロマージュブランのソースを敷き、桜海老と新玉ねぎをのせて、仕上げにオリーブオイルをかけるといった和洋折衷のアイデアも広がっています」(施さん)

最後にdancyu編集長・植野広生からひと言。
「食パンってすごい。朝食から夕食まで、気軽な軽食から豪華な料理やつまみまで。いろんなベクトルで楽しめることを再認識しました。
今の食パン人気には、いろんな料理を食べてきた人たちが原点回帰というか、よりシンプルなものに戻っている印象も抱いています。
食パンっておいしい。『幸せの基本』ですね」

改めて、イベントに参加いただいたdancyu食いしん坊倶楽部のメンバーの皆さん、どうもありがとうございました。

小山薫堂&植野広生の“お気に入り”食パンレシピを公開!

贅沢あんぱん
参加者の人気投票で1位を獲得した小山薫堂さんの食パン料理。あんこの中にもバター、食パンの外側にもバター。フライパンで焼くことで、あんことバターの究極の相性を実感する魅惑の一品。「焼き上がったら、あんことパンの間にバニラアイスを挟みたい」という読者コメントに小山さんも納得。

小山薫堂さんの“贅沢あんぱん”のつくり方

材料材料 (1人分)

食パン2枚(8枚切り)
あんこ100g
バター大さじ3

1バター入りあんこを挟む

2枚の食パンで、あんことバター大さじ1を挟む。

2食パンの外側両面にバターを塗る

1の食パンの外側両面にバター大さじ1ずつ(計大さじ2)を塗る。

3フライパンで焼く

フライパンを温め、2の両面をきつね色になるまでこんがりと焼き上げる。好みで追いバター(分量外)をしてもいい。

ホット&クール
得票率わずか1%差で惜しくも2位、植野広生の食パン料理。熱々のパンとコンビーフ、冷たいモッツァレラチーズの温度差が、口の中で融合しつつ、味がどんどん変わっていく快感。ワインの友にも抜群だ!

植野広生の“ホット&クール”のつくり方

材料材料 (1人分)

食パン1枚(8枚切り)
マヨネーズ大さじ1
コンビーフ40g(約1/2缶)
モッツァレラチーズ約40g
オリーブオイル適量
黒胡椒適量

1食パンにコンビーフを散らす

食パンの片面にマヨネーズを薄く塗り、その上に、スプーンで少しずつすくったコンビーフをまばらに散らす。

2トースターでしっかりと焼く

1をトースターで、きつね色になるまでしっかりと焼く。

3仕上げ

2にモッツァレラチーズを手でちぎってのせたら、オリーブオイル、黒胡椒をふって出来上がり。

料理には、不思議な力がきっとある。 HAPPY MENU TO YOU!

「HAPPY MENU TO YOU!」
日清製粉グループは、料理には自分だけではなく周囲の人も「しあわせ」にする力があることを伝えるべく、2019年よりコミュニケーションメッセージ「HAPPY MENU TO YOU!」を発信しています。
公式サイトでは今、新CM「HAPPY MENU TO YOU! どんな料理もハッピーメニュー!篇」や、SPECIAL MOVIE「木村文乃さんのハッピーメニュー」などを公開しています。
HAPPY MENU TO YOU!公式サイトへ

お問い合わせ情報お問い合わせ情報

日清製粉グループ

公式サイト
お問い合わせ情報

写真:牧田健太郎 フードコーディネート:山崎典子