一カ月パスタ生活こぼれレシピ
平たいパスタにソースが絡む"鶏ラグーのラザニエッテ"

平たいパスタにソースが絡む"鶏ラグーのラザニエッテ"

さまざまな鶏の部位と、冷蔵庫に残っている野菜を煮込めばできる旨味たっぷりの一皿。dancyu2021年4月号で掲載した、ハヤシコウさんの「一カ月パスタ生活」。日記に登場したけれど、誌面に載せきれなかったレシピをご紹介。さて、どれからつくろう?

“鶏ラグーのラザニエッテ”のつくり方

冷蔵庫の残りでちゃちゃっとつくるラグーパスタ。具材の鶏肉は、ホロッとした胸肉、歯ごたえのあるハツなど、複数の部位を合わせると食感のアクセントが出て楽しくなります。パスタにからむように入れたコーンスターチは、片栗粉でも代用可。

材料材料 (2人分)

ラザニエッテ※120g
鶏挽き肉100g(胸、もも、ハツなど)
A すべてみじん切り
・ にんじん1/4本
・ 玉ねぎ1/4個
・ セロリ10cm
・ にんにく1/2片
・ アンチョビ1枚
白ワイン100ml
コーンスターチ3g
オリーブオイル小さじ2
6g
イタリアンパセリ適量(細かく刻む)

※小さいラザニアのような、平たい板状のパスタ。タリアテッレなどの平麺でつくってもおいしい。

1パスタをゆで始める

鍋に水2Lに対して塩6gを入れて沸かし、パスタをゆで始める。

2具材を炒める

小鍋にオリーブオイル小さじ1、Aを入れて弱火めの中火で炒める。透き通ってきたら鶏肉を加える。混ぜすぎるとパサつくので、あまり触りすぎないこと。

3白ワインで煮込む

全体の水分が抜けてきたら、白ワインを加えて弱火で8分煮る。パスタを袋の表示2分前にあげて、ソースに加えて2分間煮込む。

4仕上げる

コーンスターチを加えて混ぜ、とろみをつける。皿に盛り、仕上げにパセリとオリーブオイルをかけて完成。

完成

つくった人

ハヤシコウ デザイナー

人呼んで〝日本人初のイタリア人〞2019年には好きが昂じて、東京・成城学園前にオステリア「クインディチ」を開店。米よりもパスタを愛し、この食生活を続けること、早20年。一日2パスタの日も珍しくない。

dancyu2021年4月号
dancyu2021年4月号
特集:シンプルパスタ

A4変型判(156頁)
2021年3月05日発売/ 900円(税込)
この雑誌を購入する

文・写真:ハヤシコウ