お酒を最高に美味しくするつまみ
さっぱり軽い"かぶときゅうりの浅漬け"

さっぱり軽い"かぶときゅうりの浅漬け"

柔らかい春のかぶを皮ごとつかった簡単浅漬け。サラダ代わりにつくってみてはいかがでしょうか?そろそろ皆で乾杯!といきたい春の気候ですが、まだまだ慎重な日々が続きますね。そんな時は、家呑みを充実させませんか?過去に4日間連続で「家呑みの会」を開催したことがあるという家呑みの達人・ツレヅレハナコさんに、お酒が最高に美味しく飲める品々を教えてもらいました。

“かぶときゅうりの浅漬け”のつくり方

揚げ物を出すことが多いハナコさんの家呑みで欠かせないのが、この一品。料理の合間に、ついつい手が伸びる。「箸休めにもなるから、必ず漬物的なものはつくるようにしています」とのこと。かぶのほか白菜でも同じようにして浅漬けから古漬けまで楽しめます。

材料材料 (4人分)

かぶ3個
きゅうり2本
小さじ1
赤唐辛子2本分(輪切り)
昆布1枚(2×3cm)

1下ごしらえ

かぶは皮つきのまま乱切り、きゅうりは皮を縞目にむいて乱切りにする。

2漬ける

ポリ袋に1、塩、赤唐辛子、昆布を入れて軽くもむ。空気を抜くようにして封を閉じる。そのまま3時間以上おいて味をなじませる。

漬ける

教える人

ツレヅレハナコさん 食と酒と旅を愛する編集者

東京都在住。1976年生まれ。寝ても覚めても、おいしい料理とお酒のことばかり考えている編集者。現在は、料理やエッセイの仕事が中心に。著書に『ツレヅレハナコの薬味づくしおつまみ帖』(PHP研究所)、『ツレヅレハナコの食いしん坊な台所』(洋泉社)など。

文:瀬川慧 写真:神林環

※この記事は四季dancyu「春の定番。」に掲載したものです。

四季dancyu 春の定番。
四季dancyu 春の定番。
A4変型 判( 120 頁)
2018年3月5日発売 /1,100円(税込)
この本を購入する
瀬川 慧

瀬川 慧 (ライター)

得意分野は料理、ワイン、食文化、旅、歴史など。単行本の企画、編集、執筆に『日本料理 銀座小十』(世界文化社)、『野﨑洋光の野菜料理帳』『里山に生きる「土樂」の食と暮らし』『懐石小室に教わる 一生ものの和のおかず』(家の光協会)、『和食神髄 小室光博』、『「すし」神髄 杉田孝明』(プレジデント社)などがある。