今日、なにつくる?
スパイスの香りが炸裂する"じゃがバタークミン"|スパイスポテトつまみ①

スパイスの香りが炸裂する"じゃがバタークミン"|スパイスポテトつまみ①

ほっこりしたじゃがいもは、どんなスパイスも受け入れる懐の深いヤツ。スパイス料理に長けた香取薫さんに、身近なスパイスでつくるポテトおつまみを教わった。香り豊かな絶品つまみの数々に、舌も心も酔いしれる!

香取薫さんのスパイスつまみ

香取薫さんのレシピには、じゃがいもをおいしくするスパイス使いのコツが満載だ。

たとえば、じゃがバターにかけるクミンシードは乾煎りする。香ばしさが加わり、生のまま使うより断然おいしい。じゃがいもを蒸したりゆでたりするときは、黄色いターメリックを加える。「食欲をそそる色がつく上、料理全体の風味をまとめる役をも果たす」とか。香取さんいわく「山椒もスパイスの一種」。和の香りをフライドポテトにきかせる絶品レシピも登場した。

油使いも注目したい。「じゃがいももスパイスも油と相性抜群。バターやラードなど、油脂を使い分けることで表情豊かな味を楽しめます」とにっこり。油の個性も加わったスパイシーポテトはビールに最高!

“じゃがバタークミン”のつくり方

粗くつぶしたじゃがいもにたっぷりのバターを溶かしながら混ぜるのがミソ。口の中で溶けるような優しい食感に仕上がる。ガラムマサラの風味がふわっと広がり、カリカリに煎ったクミンの食感がおいしさを盛り上げる。意外なほど醤油がよく合い、ビールがすすむ!

材料材料 (2人分)

じゃがいも2個
バター大さじ2
クミンシード小さじ1
A
・ ガラムマサラ小さじ1/2
・ 黒胡椒小さじ1/4
・ 塩適量
醤油適量
香菜適量(刻む)

1クミンシードを乾煎りする

フライパンにクミンシードを入れて中火にかけ、香りが出るまで乾煎りする。

クミンシードを乾煎りする
クミンは乾煎りすることで独特なくさみが消え、香ばしさがプラス。

2じゃがいもをゆでる

じゃがいもは丸ごと、やわらかくなるまでゆでる。半分に切り、皮がやぶけない程度に中身をくりぬき、ボウルに入れる。

3バターを混ぜる

じゃがいもが熱いうちに粗くつぶしながらバターを混ぜ、Aを混ぜる。これを皮に戻し入れ、軽くにぎって丸める。

4調味する

醤油を数滴垂らし、1と、香菜をのせる。

完成

教える人

香取 薫 インド・スパイス料理研究家

香取 薫 インド・スパイス料理研究家

長年インドへ通い、現地の主婦たちから家庭料理を習得。日本人の味覚に合わせたスパイス使いが得意で、料理教室では数多のカレー好きに本場の技を伝授する。『薫るスパイスレシピ』(山と渓谷社)など著書多数。

文:安井洋子 写真:竹之内祐幸

※この記事は使える dancyu「じゃがいも」に掲載したものです。

技あり!dancyu「チーズ」
使える!dancyu じゃがいも
A4変型判(108頁)
2020年11月16日発売/880円(税込)
この雑誌を購入する
安井 洋子

安井 洋子

九十九里生まれ。東京に住んでみたけれど、海が恋しくなって葉山に移住。雑誌やウェブに食まわりの記事を執筆する。息抜きは、ナチュラルワイン好きの聖地・鎌倉でのひとり飲み。