冬の新定番料理
香ばしさが食欲をそそるもちもち食感の"切り餅と大根の焼き春巻き"

香ばしさが食欲をそそるもちもち食感の"切り餅と大根の焼き春巻き"

春巻きは大好きだけど、ちょっと面倒。中の具をつくって巻いて揚げて……。そんな固定概念は取り払い、自由気ままにつくってください。切っただけの具を巻いて揚げたり、揚げずに焼いたり。さらにエキサイティングなのは、中身に四季の食材を入れること。季節を包んだ春巻きはさらに人気が出そう。きっとあなたのお家の新たな定番になる、冬に美味しくなる野菜を使ったレシピです。

切り餅と大根の焼き春巻きのつくり方

大根はねぎ、生姜、桜海老で炒めて、香りよく。餅入りの春巻きは口の中で融合し、まるで大根餅を食べているよう。揚げずにカリカリに焼いて。

材料材料 (10本分)

★ 大根炒め
・ 大根1/3本
・ 塩小さじ1(大根の塩もみ用)
・ 長ねぎ1/2本(薄い斜め切り)
・ 生姜大1片分(みじん切り)
・ 桜海老20g
・ 胡麻油大さじ1
・ 紹興酒または酒小さじ1/2
・ 塩小さじ1/4~1/3
切り餅4個
春巻きの皮10枚
★ のり(混ぜ合わせる)
・ 小麦粉適量
・ 水適量
胡麻油大さじ1強
粒マスタード適宜

1大根炒めをつくる

大根はせん切りにしてボウルに入れ、塩をふってしばらくおき、手でもんで水気をしっかりと絞る。フライパンに胡麻油を中火で熱してねぎと生姜とを炒め、香りが立ってきたら桜海老と大根を加えて炒め、水分をとばす。酒と塩をふり入れ、バットに移して冷ます。

2餅を切る

切り餅は厚さ5mmに切る。

3巻く

春巻きの皮を、角を手前にして広げ、真ん中より少し手前に餅を4枚、横長の長方形になるよう並べ、その上に大根炒めの1/10量をのせ、手前から巻き、のりで留める。残りも同様につくる。

巻く
皮に、縦長の長方形になるように餅を置き、その上に大根炒めをのせ、包む要領で巻き、平らな箱形に仕上げます。

4焼く

熱したフライパンに胡麻油をひき、春巻きの巻き終わりを下にして並べ入れ、両面をじっくり、香ばしい焼き色がつくまで焼き、半分に切って器に盛る。好みで粒マスタードをつけて食べても。

完成
正月で余った餅の活用法のひとつ。手軽に大根餅風の食感と味が楽しめます。

教える人

植松良枝 料理研究家

植松良枝 料理研究家

季節の移ろいを素早くキャッチし、日々の生活に取り入れている。人気の料理教室「日々の飯ままごと事」主催。集う生徒さんたちに、料理に加えて季節の取り入れ方を自然体で披露し、人気を集めている。自らの生活を撮った写真とともに書きためたエッセイ『春夏秋冬ふだんのもてなし』(KADOKAWA刊)を、秋に出版。

文:中村裕子 写真:野口健志

※この記事は四季dancyu「冬の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「冬の台所。」
四季dancyu「冬の台所。」
四季dancyu 冬の台所。
A4変型 判( 120 頁)
2019年12月12日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。