今日、なにつくる?
優しい甘味が美味"牡蠣と長ねぎの白味噌仕立てのグラタン"|日本酒と愉しむお家ごはん⑤

優しい甘味が美味"牡蠣と長ねぎの白味噌仕立てのグラタン"|日本酒と愉しむお家ごはん⑤

みんな大好きグラタンを冬仕立てに。牡蠣の旨味やとろける長ねぎがたまらないご馳走です。「冬だから、日本酒を愉しめるようなメニューを」と人気料理研究家のワタナベマキさんが、家飲みがもっと楽しくなるレシピを伝授!

“牡蠣と長ねぎの白味噌仕立てのグラタン”のつくり方

まろやかな白味噌がベースとなり、ねぎの旨味と牡蠣のだしに一体感が出ている滋味深いグラタン。仕上げに黒胡椒をふると、白味噌の甘味がぐ っと引き締まります。胡椒は粗く刻むと、クリームに負けない強い味わいに。

材料材料 (3~4人分)

牡蠣12~15粒
大根おろし適量(または塩)
小麦粉大さじ3
長ねぎ2本
グリュイエールチーズ80g
オリーブオイル大さじ1
白ワイン80ml
牛乳100ml
生クリーム100ml
白味噌大さじ3
小さじ1/3
黒粒胡椒大さじ1

1牡蠣の下ごしらえ

牡蠣は、大根おろしか塩でやさしく洗い、水を3、 4回替えながら洗って水気をきり、キッチンペーパーで表面をやさしく拭いたら、小麦粉を全体にまぶしておく。

2長ねぎの下ごしらえ

長ねぎは、長さ5cmに切る。

3炒める

フライパンを中火で熱してオリーブオイルを入れ、 1と2を加えて焼き目をつける。

4とろみをつける

3に白ワインを加え、ひと煮立ちさせてアクを取る。白味噌を加えて全体をなじませ、さらに牛乳、生クリームを加えて全体にとろみがつくまで煮てから塩を加える。

とろみをつける

5チーズをのせる

4を耐熱皿に移し、削ったグリュイエールチーズをのせる。

チーズをのせる

6オーブンで焼く

220℃に熱したオーブンで約12分焼き、最後に包丁で粗く刻んだ黒胡椒を散らす。

オーブンで焼く

教える人

ワタナベマキ 料理研究家

ワタナベマキ 料理研究家

グラフィックデザイナーを経て料理研究家に。料理教室を開いていた祖母から伝えられた手料理や保存食を、忙しい現代人でもつくりやすくアレンジしたレシピが人気。著書に『料理家ワタナベマキが家族のために作るごはん』(主婦と生活社)など多数。

四季dancyu「冬の台所。」
四季dancyu「冬の台所。」
四季dancyu 冬の台所。
A4変型 判( 120 頁)
2019年12月12日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する

文:吉田彩乃 写真:田村昌裕

※この記事は四季dancyu「冬の台所。」に掲載したものです。

吉田 彩乃

吉田 彩乃 (ライター)

1986年、東京生まれ。食と酒まわりにいる「人」が好き。よく行くのは、和洋中を問わず気楽な雰囲気の店。本当はレシピや酒場の書物を増やしたいが、最近は某誌の企画でセミ・ザザムシ・ハチノコを食べ、思いがけず「昆虫食」の世界に足を踏み入れてしまった。