今日、なにつくる?
高山なおみさんのほろ苦さと味噌のコクが美味"しし唐のねぎ味噌炒め"|焼酎に合うつまみレシピ③

高山なおみさんのほろ苦さと味噌のコクが美味"しし唐のねぎ味噌炒め"|焼酎に合うつまみレシピ③

しし唐は火を入れると、ふっくらと青い香りが立ち、苦味と茄子科特有の甘みも引き立つ夏の野菜です。人気料理家の高山なおみさんに、酒を呼ぶつまみに変身させる方法を習いました!

つまみにも常備菜にもお薦め!

しし唐がほんのり甘い味噌とねぎをまとって、酒好き垂涎の絶品つまみに!仕上げに加えた醤油の香ばしさが味をまとめてくれる。冷蔵庫で2~3日もつので、たっぷりつくって常備すれば、真夜中でもおいしく焼酎が飲める。

しし唐のねぎ味噌炒めのつくり方

材料材料 (つくりやすい分量)

しし唐1パック(約30本)
長ねぎ15cm
胡麻油小さじ1
★ 合わせ調味料
・ 味噌大さじ1
・ きび砂糖小さじ1(なければ上白糖で代用可能)
・ 酒大さじ2
醤油小さじ1

1下ごしらえ

しし唐は手でヘタを取り除き、爪の先で2~3カ所穴をあける。ねぎは薄い小口切りに。ボウルに合わせ調味料の材料を入れて混ぜ、味噌を溶いておく。

下ごしらえ
しし唐に2~3カ所爪の先で穴をあける。このひと手間で、炒めるときにはねたり、破裂するのを防ぐ。

2炒める

フライパンに胡麻油を強火で熱し、1のしし唐を軽く焦げ目がつくように炒める。歯ごたえが残るように炒めすぎには注意。調味料がはねるので、いったん火を止めて合わせ調味料を加え、水分をとばすようにフライパンをあおりながら炒め合わせる。

3仕上げる

ねぎを加えてざっと混ぜ合わせ、汁気がほとんどなくなったら、醤油を回しかける。

完成

教える人

高山なおみ 料理家

高山なおみ 料理家

レストランのシェフを経て料理家に。『明日もいち日、ぶじ日記』(新潮社)ほか、文筆家としても活躍中。「たくさんは飲めませんがお酒は大好き」と笑顔で話す高山さん。体にじんわりとしみ込む焼酎のおいしさを再認識し、暑い日にはキーンと冷やした水割りで晩酌を楽しんでいるとのこと。

文:石出和香子 写真:上山知代子

※この記事の内容はdancyu2013年9月号に掲載したものです。