今日、なにつくる?
五香粉の香りが胃袋をくすぐる"たまごルーロウ飯"|南風薫るたまご料理④

五香粉の香りが胃袋をくすぐる"たまごルーロウ飯"|南風薫るたまご料理④

数ある台湾料理の中でも忘れては行けないのが魯肉飯。とろとろの豚肉と五香粉の香りが染みたたまごの旨味と香りは、胃袋をガツンと刺激します。小さな丼でわしわしかき込む台湾式魯肉飯を御賞味あれ!

食欲を駆り立てる旨味と香り

台湾といえば!の魯肉飯。五香粉(ウーシャンフェン)が効いたとろとろの豚肉は、これぞ台湾の香り。煮汁がしみたたまごはホクホクで、かぶりつくもよし、崩してご飯と一緒に頬張るのも幸せ。
「現地では、たまごは最初からのせずに別注文するスタイルなんですよ」
これから台湾へ行く人は、「加蛋(ジャーダン)!(たまご入れて)」の一言をお忘れなく。でも、これが家でつくれたら、はやる旅心も、ひとまずは落ち着くかな。

たまごルーロウ飯のつくり方

材料材料 (4人分)

ゆで卵4個
豚バラ肉500g(塊)
干し椎茸3枚(水で戻す)
干し海老大さじ1
ベルギーエシャロット大1個(みじん切り)
にんにく1片(みじん切り)
生姜1片(みじん切り)
干し椎茸の戻し汁100ml
紹興酒200ml
きび砂糖大さじ2
醤油大さじ4
オイスターソース大さじ1
五香粉小さじ1
菜種油大さじ2
ご飯適量
好みの青菜適量(ゆでたもの)

1下準備

干し椎茸は5mm角に切り、戻し汁をとっておく。豚バラ肉も5mm角に切る。冷蔵庫から出してすぐ、脂が溶ける前だと切りやすい。

下準備

2具材を炒める

鍋を中火にかけて油をひき、ベルギーエシャロット、にんにく、生姜、干し海老を入れて炒める。しんなりとして香りが出たら1の豚肉を加えて炒め、色が変わったら水1Lを入れる。沸騰したらアクを取り、干し椎茸、干し椎茸の戻し汁、紹興酒、きび砂糖、醤油、オイスターソース、五香粉を入れる。

3煮る

強めの弱火にし、2時間ほど煮る。途中、1時間ほど経ったところで、ゆで卵を入れる。煮込む間、表面に浮いてくる豚肉の脂をこまめに取る。最終的に煮汁が3分の2くらいに減ったら完成。

煮る

4仕上げ

丼にご飯をよそい、3の肉と煮汁をかけ、半分に切ったゆで卵と青菜を添える。

仕上げ

教える人

内田真美 料理研究家

内田真美 料理研究家

食いしん坊の一族に囲まれ、幼い頃から異国の料理に親しむ。長年通い続けている台湾の案内本、『私的台湾食記帖』『私的台北好味帖』(ともにアノニマ・スタジオ)は台湾観光のバイブルとなっている。

文:鹿野真砂美  写真:湯浅 亨

※この記事の内容はdancyu2017年4月号に掲載したものです。