今日、なにつくる?
日本酒と相性抜群の"簡単ローストビーフ"|「パッソ・ア・パッソ」の家飲みを彩る肉つまみ①

日本酒と相性抜群の"簡単ローストビーフ"|「パッソ・ア・パッソ」の家飲みを彩る肉つまみ①

肉にワインもいいけれど、実は日本酒にもよく合うんです。素材を生かしたイタリア料理で定評のある「パッソ・ア・パッソ」の有馬邦明さんに、日本酒に合う肉つまみを教えて貰いました。

酒が進みまくる牛肉つまみ

ミスマッチと考えがちな牛肉と日本酒。だが、牛肉のパンチある旨味や香ばしさと日本酒は相性抜群。
赤身肉の旨味と、醤油の香ばしさ、みかんの爽やかな風味が一体となって迫り来る。醤油とみかん果汁をステーキ肉にかけて焼くだけ。これを一切れつまめば、酒がノンストップ。 これぞ有馬流の肉つまみの真骨頂!

簡単ローストビーフみかんソースのつくり方

材料材料 (2人)

牛もも肉1枚(200g/ステーキ用)
にんにく2枚(薄切り)
バター大さじ1/2
醤油小さじ1
みかん1/2個
少々
胡椒少々

※塊肉を使う場合は、2cmくらいの厚さに切る。ステーキ用の肩ロース肉でも。

1下準備

牛肉の両面に、焼く直前に塩、胡椒をふる。アルミホイルを広げて準備しておく。

2牛肉を焼く

フライパンを中火で熱し、バターとにんにくを入れて、香りが出てきたら牛肉を入れる。

3みかんの果汁を加える

5秒ほどで焼き目がついたらひっくり返して、鍋肌に醤油を回し入れ、みかんの果汁を搾り入れる。ジューッと煙が上がったらすぐに取り出すこと。表面に醤油とみかんの香りをまとわせるくらいで十分。

4余熱で火を通す

アルミホイルで包んで、こんろの周りや炊飯器の上など温かいところに15分置く。余熱でゆっくりと中まで火を通そう。

5仕上げ

肉を取り出して、斜めに切る。薄切りにしても、厚さは好みでOK。残った肉汁を鍋に戻して塩(分量外)で味を調えてソースに。皿に肉を盛り、ソースを回しかけて完成。

ローストビーフ

この料理にはこんな酒

大那 純米吟醸 那須五百万石

一歩控えて 肉の甘味を引き立てる、 味わい穏やかなタイプ。
酒単独で飲むと穏やかで丸い印象だが、隠れた酸も効いている。そんなタイプの食中酒がぴったり。ローストビーフと合わせると肉の甘味が際立ち、醤油やみかんの香りを包んで、スケールの大きな風味の世界へと誘う。

文:山同敦子 写真:日置武晴

店舗情報店舗情報

パッソ・ア・パッソ
  • 【住所】東京都江東区深川2-6-1アワーズビル1階
  • 【電話番号】03-5245-8645
  • 【営業時間】18:00~21:30(L.0.)
  • 【定休日】水曜 他に不定休あり
  • 【アクセス】東京メトロ「門前仲町駅」より5分

※この記事の内容はdancyu2013年3月号に掲載したものです。

有馬邦明

有馬 邦明

イタリア各、地の店などで腕を磨き、2002年、東京・門前仲町に「パッソ・ア・パッソ」を開店。