今日、なにつくる?
ミルキーで甘酸っぱいレモンフレンチトースト|春の爽やかレモンクッキング⑤

ミルキーで甘酸っぱいレモンフレンチトースト|春の爽やかレモンクッキング⑤

美味しいけれどちょっと重たくもあるフレンチトーストも、太田さんの華麗なレモン使いで、さっぱりだけど飽きの来ない逸品に仕上がります。

あふれ出るレモンジュース!

フレンチトーストのレモンバージョン。バターの重さをレモンの酸味で軽くします。普通のフレンチトーストの卵液は、牛乳の分量が多いのですが、牛乳にレモンを加えると、牛乳のカゼイン成分が固まってしまうので、卵たっぷりの液にしてください。パンはできれば一晩かけて卵液に漬け込みます。レモンの登場は、フレンチトーストを焼く前。パンの表面に果汁を搾って、牛乳が分離するのを防ぎます。そして、パンを焼く前にスライスしたレモンをバターでソテーするとレモン汁が出て、レモンバターソースができるのです。このソースでパンを焼きます。レモン味の卵液をパンの中にしっかり閉じ込めるイメージで。最後にレモンのスライスをパンの上に戻しますが、返して一緒に焦げ目がつくくらいまで焼きます。レモンの持つ糖分でキャラメリゼされると美味しくなるので、焦げるのを恐れず、ギリギリを攻めましょう。

レモンフレンチトーストのつくり方

材料材料 (2人分)

食パン2枚(4枚切り)
★ 【卵液】
・ 卵4個
・ グラニュー糖20g
・ 牛乳400ml
レモン1個
レモン8枚(輪切り)
バター50g
メイプルシロップ適量

1下準備

卵液の材料を混ぜ合わせ、ザルで漉してバットに入れる。耳を切り落とした食パンを卵液に浸し、冷蔵庫に一晩置く。途中でパンの上下を返し、ムラなく卵液に浸す。

2レモンを絞る

レモンは半分に切る。中央に人差し指と中指を差し込んでレモンを回しながら、卵液に浸したパンの両面に果汁を搾る。

3レモンに火を通す

フライパンにバターを中火で熱し、バターが溶けたらレモンの輪切りを並べ入れる。果汁が出て、皮がしんなりしたら取り出す。

レモンに火を通す

4パンに焼き目を入れる

3のフライパンに2のパンを入れ、焼き色がついたら上下を返す。両面がこんがり焼けたら3で取り出したレモンを均等にのせ、レモンを落とさないようにして、再び上下を返す。

パンに焼き目を入れる

5仕上げ

レモンにしっかり焦げ目がつくまで焼き、レモンの輪切りをのせた面を上にして器に盛る。メイプルシロップをかけ、2のレモンの皮を好みの量すりおろして香りをつける。

太田哲雄

長野県軽井沢にある「ラ カーサ ディ テツオ オオタ」オーナーシェフ。長野県白馬村に生まれ、19歳で渡伊。スペイン、ペルーの計3ヶ国で10年を過ごし、2015年に帰国。星付きレストランから、ミラノマダムのプライベートシェフ、ピッツェリア勤務まで幅広い経験を持つ。

文:柴田香織 写真:邑口京一郎

※この記事の内容はdancyu2019年4月号に掲載したものです。