今日、なにつくる?
味噌トマトソースのボンゴレロッソ|いつものパスタをグンと旨くする発酵パスタ①

味噌トマトソースのボンゴレロッソ|いつものパスタをグンと旨くする発酵パスタ①

いつものパスタにひと工夫してみませんか?味噌や塩麴、漬物といった発酵食品をプラスすることで、まろやかでやわらかい旨味が生まれます。まずは、相性抜群の味噌とトマトを使った“トマト味噌”をつくり、旬のアサリでボンゴレロッソをつくってみましょう。

トマト味噌はパスタソースのほか、調味料としても活躍。

トマト味噌

ホールトマトと味噌を煮詰めたトマト味噌は、炒め物の調味や肉のソテーのソースなどに使いまわせるのでつくっておくと便利です。冷蔵で2週間程度、冷凍なら1ヶ月保存ができます。

トマト味噌のつくり方

材料材料 (つくりやすい分量)

トマトホール缶2缶(800g)
味噌100g
オリーブオイル大さじ3
にんにく1片
ローリエ1枚
赤唐辛子1本
白ワイン大さじ2

1トマト、味噌などの材料をフライパンに入れる。

トマトはボウルに入れて、手で潰す。にんにくは縦2~3等分に切る。フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れて弱火にかけ、香りが出てきたら残りの材料を加える。

トマト、味噌などの材料をフライパンに入れる。

2とろりとするまで煮詰める。

混ぜて煮立ってきたら蓋をして、弱火で15分ほど煮詰める。とろりとしたら出来上がり。冷めてから保存容器に入れておき、必要な分だけ取り出して使う。

とろりとするまで煮詰める。

トマト味噌ボンゴレロッソのつくり方

トマト味噌ボンゴレロッソ
春こそつくりたいボンゴレ。トマトなしのビアンコも普通のロッソもおいしいですが、トマト味噌入りのボンゴレは家族みんなが楽しめる親しみやすい味わいです。アサリは砂出し済みのものも、再度海水程度(3%)の塩水に浸して砂を吐かせると安心。

材料材料 (2人分)

スバゲッティ160g
大さじ1(スバゲッティをゆでる用)
熱湯2L(スバゲッティをゆでる用)
トマト味噌100g
アサリ400g(殻つき)
オリーブオイル大さじ2
赤唐辛子2本
白ワイン大さじ2
パセリ大さじ2(みじん切り)

1アサリの処理をする

アサリは塩水に浸して砂を吐かせ、両手で殻をこすり合わせるようにして洗い、表面のぬめりなどを取り除いて水気をきる。

2フライパンを熱する

フライパンにオリーブオイル、赤唐辛子を入れて弱火にかけ、香りよく熱する。

3アサリを加えて炒める

アサリを加えて炒める。白ワインも入れて殻があくまで蓋をして蒸し煮にする。蓋があいたらトマト味噌を加え、ひと煮したら火を止めておく。

4スパゲティをゆでる

スパゲッティは塩を加えた熱湯に入れてひと混ぜして、表示時間通りにゆでてザルにあげる。

5ソースを合わせて完成

ゆでたスパゲティをフライパンに加え、パセリも加えて軽く炒め合わせる。

大庭英子

大庭英子 料理研究家

シンプルながら失敗なくつくれるレシピに定評がある料理研究家。特別な素材、調味料は使わず、余分な手間はそぎ落とした“引き算の料理”が身上。しみじみとおいしく、何度もつくりたくなる料理ばかりです。

文:中村裕子 写真:鈴木泰介

※この記事の内容はプレジデントムック技あり!dancyu「パスタ」に掲載したものです。

技あり!dancyuパスタ
A4変型判(120頁)
ISBN:9784833478571
2020年3月27日発売/800円(税抜き)
この本を購入する