今日、なにつくる?
料理ビギナーでも失敗なし!京都「ル キャトーズィエム」のローストポーク

料理ビギナーでも失敗なし!京都「ル キャトーズィエム」のローストポーク

揚げ焼きステーキに続いて「ル キャトーズィエム」の茂野 眞さんに教わったのは、現在は店で提供していない幻の人気メニュー、ローストポーク。フライパンとオーブンの合わせ技で、料理ビギナーでもなかなかの出来栄えに。

豚の脂で焼くイメージ

現在、店は牛肉のみのメニューだが、以前は豚肉料理も提供していた。その当時の幻の人気レシピがコレ。旬のサラダや、さつまいものピュレなどと相性がよい。サラダの味つけは、マスタードドレッシング。仕上げに少量のオリーブオイルで香りづけをする。

ローストポーク

「ル キャトーズィエム」のローストポークのつくり方

フライパンで焼いた後、オーブンでじっくり火入れをするので、取っ手が外せるタイプか、スキレットを使用する。

材料 材料 (2~3人分)

豚肉 (肩ロース。塊肉で厚さは3cmぐらい。今回は沖縄アグー豚を使用)
粗塩 適量
黒胡椒 適量(粗挽き)

1脂身に包丁を入れる

豚肩ロース肉はできるだけ厚みのあるものを選ぶ。豚肉は常温に戻さず、すぐに調理するのがポイント。脂の部分に2cm幅で包丁を入れる。

脂身に包丁を入れる

2熱したフライパンに入れる

フライパンに油をひかず強火で約1分熱して豚肉を入れ、フライパンの底に脂身をこすりつけながら焼く。じわっと脂身が溶け出し、香りが立つ。

熱したフライパンに入れる

3焼き色をつける

約40秒、動かさずに豚肉を焼き、上下を返す。さらに約1分焼き、両面にこんがりと焼き色をつける。ジュワーッと溶け出た脂で焼く。

焼き色をつける

4オーブンで火を通す

3の豚肉をフライパンごと、220~250℃に温めたオーブンに入れる。約3分30秒焼いたら肉の上下を返し、さらに2分30秒ほど焼く。

オーブンで火を通す

5仕上げ

しっかり焼き色がつき、トングで押して程よい弾力が感じられれば焼き上がり。バットに取り出し、上面のみに粗塩ひとつまみをふる。

仕上げ

6盛りつける

プレートに旬の野菜を盛り、豚肉をのせる部分に粗塩ふたつまみをふる。厚さ約2cmに切った豚肉を盛り、粗塩と粗挽き黒胡椒各少々をふる。

盛りつける

店舗情報店舗情報

ル キャトーズィエム
  • 【住所】京都府京都市上京区河原町通丸太町下ル伊勢屋町393-3 ポガンビル2階
  • 【電話番号】075-231-7009
  • 【営業時間】12:00~13:30(L.O.) 18:00~21:30(L.O.) 土日の夜は16:00~
  • 【定休日】水曜 木曜
  • 【アクセス】京阪電鉄「神宮丸太町駅」より5分

文:郡麻江 写真:蛭子真

※この記事の内容は2018年2月号に掲載したものです。