フルーツ牛乳は永久に不滅です。
フルーツ牛乳をつくってみよう!

フルーツ牛乳をつくってみよう!

フルーツ牛乳は、銭湯で飲むものだと思っていませんか?とんでもない。フルーティな香りとマイルドな甘味が合わさった味わいは家でも楽しめます。キウイやイチゴといった身近な果物を使って、フルーツ牛乳をつくってみましょう!

自家製フルーツ牛乳に挑戦!

フルーツ牛乳は瓶に入った、懐かしい佇まいで飲むからいいんだって想いはわかります。わかるんですけど、あえてつくってみました!
フルーツ牛乳は瓶に入った、懐かしい佇まいで飲むからいいんだって想いはわかります。わかるんですけど、あえてつくってみました!

全国津々浦々から10種類のフルーツ牛乳を集めた試飲会で、瓶で飲むおいしさを再確認。十本十色のフルーツ牛乳が、今も各地で愛されていたことはわかりました。

冷えた瓶でごくりと飲むフルーツ牛乳は格別においしい。
自分でつくることってできないのかな?ふと、試飲会にも参加したバー「TIGRATO」店主の高宮裕輔さんに訊いてみました。

「TIGRATO」店主の高宮裕輔さん。表の顔はバーテンダーだが、ジェラートづくりにも精通しているフルーツと乳製品のプロフェッショナル。
「TIGRATO」店主の高宮裕輔さん。表の顔はバーテンダーだが、ジェラートづくりにも精通しているフルーツと乳製品のプロフェッショナル。

「もちろんできます!」
おぉ。ぜひ、つくってもらえませんか!

数日後、高宮さんからは6種類のフルーツ牛乳のレシピが完成したという連絡が。
なんと、6種類とは!
それでは“キウイのフルーツ牛乳”からスタートです。

キウイのフレッシュ感がまるっと詰まったフルーツ牛乳。

キウイの酸味と甘味、つぶつぶした食感の種と果肉も丸ごと味わえる。
キウイの酸味と甘味、つぶつぶした食感の種と果肉も丸ごと味わえる。

「フルーツ牛乳づくりのポイント。それは“フルーツを潰す”ということです」
高宮さんは最初に言いました。
わざわざ潰さなくても、ミキサーで牛乳と一緒に混ぜてはいけないんですか?
「ミキサーで撹拌すると、摩擦熱でフルーツの味わいや食感が損なわれてしまうんです。フルーツのフレッシュ感を活かすには、“潰す”というひと手間がとても大切なんです」
ふむふむ。フルーツ牛乳のおいしさは、フルーツの風味があってこそですもんね。潰すことの大切さを知りました。
「材料を潰すことをバーテンダーの用語では“マドリング”と言います。キウイのようなフレッシュな風味が特徴の果物は、マドリングして牛乳と合わせるだけで驚くほどフルーティな味わいになりますよ」

キウイのフルーツ牛乳のつくり方

材料

材料 材料 (1人分)

キウイ 1個
ガムシロップ 15ml
牛乳 60ml
レモンジュース 10ml

1 キウイを潰す

皮を剥いて、カットしたキウイをグラスの中に入れ、形が無くなるまで棒で潰す。

キウイを潰す
キウイを潰す

2 材料を入れる

シロップ、牛乳、レモンジュースをグラスに入れる。

材料を入れる

3 混ぜる

牛乳が緑色になるまで、マドラーなどで混ぜ合わせる。氷を入れたらでき上がり。

混ぜる
混ぜる

シェイカーを使ったキウイのフルーツ牛乳のつくり方

シェイカーで振ることで、フルーツの酸味と牛乳のまろやかさが一体になり、フルーツ牛乳の味わいはグレードアップ!
シェイカーで振ることで、フルーツの酸味と牛乳のまろやかさが一体になり、フルーツ牛乳の味わいはグレードアップ!
1、皮を剥いて、カットしたキウイをシェイカーの中に入れる。
1、皮を剥いて、カットしたキウイをシェイカーの中に入れる。
2、棒などでキウイの形がなくなるまで潰す。
2、棒などでキウイの形がなくなるまで潰す。
3、シロップ、牛乳、レモンジュースをシェイカーに入れる。
3、シロップ、牛乳、レモンジュースをシェイカーに入れる。
4、氷をシェイカーの8分目まで入れて、シェイクする。
4、氷をシェイカーの8分目まで入れて、シェイクする。
5、よく冷やしたグラスに注いだら、完成!
5、よく冷やしたグラスに注いだら、完成!

イチゴ&アールグレイの酸味のハーモニー。

イチゴの酸味を紅茶が引き立てて、まろやかな牛乳が包み込む。
イチゴの酸味を紅茶が引き立てて、まろやかな牛乳が包み込む。

「ふたつ目のフルーツ牛乳は、“大人のイチゴミルク”をイメージしてつくりました」
待ってました!フルーツ牛乳といえば、イチゴミルクですね!
でも、“大人の”って一体どういうことですか?
「イチゴと牛乳だけでなく、アールグレイも混ぜています。紅茶がフルーティな香りを引き立てて、甘さだけではなく、上品な酸味を感じる大人の味わいになるんです」
忘れてはいけないことが、と高宮さんは続けます。
「イチゴもミキサーを使わず、マドリングしましょう。果肉感とフレッシュな香りがしっかりと残ります」

大人のイチゴミルクのつくり方

材料

材料 材料 (1人分)

イチゴ 4個
ガムシロップ 15ml
牛乳 45ml
レモンジュース 10ml
アールグレイ 40ml

下準備

アールグレイ(適量)を淹れ、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。1人分40ml を使う。

1 イチゴを潰す

へたを取ったイチゴをグラスに入れ、形がなくなるまで棒で潰す。

イチゴを潰す
イチゴを潰す

2 材料を入れる

シロップ、牛乳、レモンジュース、アールグレイをグラスに入れる。

材料を入れる

3 混ぜる

牛乳がピンク色になるまで、マドラーで混ぜ合わせる。氷を入れたらでき上がり。

混ぜる
混ぜる

シェイカーを使った大人のイチゴミルクのつくり方

シェイカーを使うと、イチゴと牛乳が馴染んで見た目が鮮やかに仕上がる。
シェイカーを使うと、イチゴと牛乳が馴染んで鮮やかな見た目に仕上がる。
1、へたを取ったイチゴをシェイカーに入れる
1、へたを取ったイチゴをシェイカーに入れる
2、イチゴの形が無くなるまで棒で潰す。
2、イチゴの形が無くなるまで棒で潰す。
3、シロップ、牛乳、レモンジュース、アールグレイをシェイカーに入れる。
3、シロップ、牛乳、レモンジュース、アールグレイをシェイカーに入れる。
4、氷をシェイカーの8分目まで入れ、シェイクする。
4、氷をシェイカーの8分目まで入れ、シェイクする。
5、よく冷やしたグラスに注ぐ。完成!
5、よく冷やしたグラスに注ぐ。完成!

教える人

高宮裕輔さん

高宮裕輔さん

1983年、東京都生まれ。高校生のときに観た、映画「カクテル」のトム・クルーズに憧れてバーテンダーという職を選ぶ。西麻布「Bar Lands End」、石神井「Bar au comptoir」を経て、2018年にカクテルとジェラートの店「TIGRATO」を四ツ谷にオープン。

「ティグラート」にはバーカウンター、ジェラートのテイクアウト、カフェテラスと3つの顔がある。
「TIGRATO」にはバーカウンター、ジェラートのテイクアウト、カフェテラスと3つの顔がある。

店舗情報店舗情報

TIGRATO
  • 【住所】東京都千代田区六番町13‐6 ASビル1階
  • 【電話番号】03‐5214‐1122
  • 【営業時間】11:00~23:00(L.O.)、土曜は12:00~22:00(L.O.)
  • 【定休日】日曜、祝日
  • 【アクセス】東京メトロ「四ツ谷駅」より2分

――つづく。

文:河野大治朗 写真:馬場敬子 イラスト:tontam

河野大治郎さん.jpg

河野 大治朗(編集者)

2018年9月「塚田農場 浅草店」店長から、dancyuのweb編集部で働きはじめる。自分の好奇心を大切に、気になることはやってみる。大好きな食の魅力を伝える編集者になるため修行中。特技は羊の解体。趣味はきのこ狩り。