dancyuのムック
究極の一瞬芸。とろけるフォンダンショコラ

究極の一瞬芸。とろけるフォンダンショコラ

チョコレートが街に溢れる季節ですが、せっかくなら、熱々のチョコレートスイーツはいかがですか?中からラズベリーとともに、とろりと流れるチョコレート。ほかにはない最高のプレゼントになりますよ。

まだまだ冬野菜や煮込みが恋しい季節

表紙
目次

木々のつぼみが少しずつ膨らみ、自然の世界では着々と春の準備がすすんでいるのが見て取れます。とはいえ、人間にはまだまだ寒さが辛い時期。しっかり煮込んだ食べ物は体を芯から温めてくれますし、スープやオーブン料理がおいしく感じられます。『四季dancyu 冬の食卓。』には、この季節の食材をおいしくするためのヒントがいっぱいです。

コツは、できたてを食べること。

さて、フォンダンショコラをご紹介しましょう。『冬の食卓。』では、クリスマスのメニューとしてご紹介していますが、もちろんバレンタインにもぴったりなのです。一見、難しそうなフォンダンショコラですが、実はそこまで複雑な作業はありません。ただし、「フォンダンショコラは、一瞬芸ですよ!」というレシピ考案の植松良枝さんの言葉どおり、できたてをすぐ食べるスタンバイが重要。熱々が最高の美味なのです!

とろけるフォンダンショコラ

とろけるフォンダンショコラ

材料 材料 (プリン型 6個分)

ビタースイートチョコレート 120g
バター 100g(食塩不使用)
溶き卵 2個
グラニュー糖 75g
薄力粉 50g
冷凍ラズベリー 12粒
ココアパウダー 適量
バター 適量(型塗り用)
強力粉 適量(型塗り用)

下準備をする

・プリン型の内側にバターを薄く刷毛で塗り、強力粉をふって余分な粉ははたき、冷蔵庫で20分以上冷やしておく。
・薄力粉はふるっておく。
・冷凍ラズベリーは室温で解凍しておく。
・オーブンを200℃に予熱する。

1 チョコレートとバターを溶かす

チョコレートは細かく刻み(タブレット状のものであればそのままでOK)、ボウルに入れて湯煎で溶かし、バターも加えて溶かす。

2 しっかりと卵とグラニュー糖を混ぜる

別のボウルに卵とグラニュー糖を入れ、泡立て器で白っぽくなるまでしっかりとすり混ぜ、①を加えて均一になるまで混ぜ合わせる。

チョコレートとバターを溶かす

3 全体をさっくりと混ぜる

さらに薄力粉を加え、ゴムベラでさっくりと切るように混ぜ合わせる。練らないように気をつけながら、粉気がなくなるまでしっかり混ぜる。

全体をさっくりと混ぜる

4 型に入れ、ラズベリーを潜ませる

型に均等に流し入れ、ラズベリーを2粒ずつ入れる。竹串などで、生地の中に押し込む。

オーブンで焼く

5 オーブンで焼く

オーブンを180℃に設定しなおして8~9分焼く。

6 型から出して、さあ完成

型から出し、皿に盛ってココアパウダーをふる。

皿に盛ってココアパウダーをふる

教える人

植松良枝

植松 良枝

四季を楽しむ料理研究家。次の季節の準備期間である「土用」を暦の中でも特に大切にしている。一児の母となり、忙しい日々の中で家族への想いも増してさらに深く土用を考えるようになったそう。今回のレシピを含む連載「季節を楽しむ暦ごはん」では毎回、その季節の土用に食べたい料理を提案しています。

四季dancyu『冬の食卓。』
四季dancyu『冬の食卓。』
A4変型 判( 116 頁)
ISBN: 9784833477512
2018年12月05日発売 / 1,080円(税込)
この本を購入する

写真:野口健志/宗田育子