たまご料理体験記
つくってみたよ!料理カメラマンのたまご料理3品日記

つくってみたよ!料理カメラマンのたまご料理3品日記

絶賛発売中のdancyuムック「dancyu定番シリーズ たまご料理57皿」では、バリエーションに富んだたまご料理をご紹介しています。普段から炊事担当をしている料理カメラマンの鈴木泰介さんにもこの本から3品選んでつくってもらいました。

普段から家族の食事を担当する料理好きは、どのたまご料理を選ぶ?

「子供の頃から料理に興味があって、つくるのが好きでした」という鈴木泰介さん。そのまま立派な料理男子となった鈴木さんは、今では娘さんのお弁当から夕飯まで、家族の食事を担当しています。料理の撮影現場で覚えた料理を再現することも多いという鈴木さん。『dancyu定番マスター たまご料理57皿』でもいくつかのレシピ撮影を担当してくれましたが、改めて本の中から家族のためにつくる料理を3品、選んでつくってもらいました。

塩気がいい塩梅!「塩麹スパゲッティカルボナーラ」

今日のお昼はパスタにしよう!!そう決めてからめくるページの手が走る。そうそうあの時撮影した、大庭先生の塩麹カルボナーラ!冷蔵庫には美味しいベーコンもパルミジャーノもあるじゃないか。塩麹を入れたカルボナーラは初めての味。撮影でも食べ過ぎた記憶が……。レシピを見ると茹で汁以外塩は入れずに塩気はチーズとベーコンと塩麹。
旨味と塩気が良い塩梅であっという間にパスタをすすってしまう。あぁ、ごちそうさまでした!

塩麹スパゲッティカルボナーラ

「トマトと炒り卵のバジル炒め」はあと1品!というときの救世主

晩ご飯が決まらないときはよくある。肉を焼けばいいかと思うけどあと1品がなんとも決まらない。そんな時は、トマトと卵のバジル炒めはなんて手軽なんだろう。ちょうど生きくらげも手に入るから今がつくりどきだね。卵を先にじゃーっと炒めて取り出したら、トマト、きくらげさっと炒め、バジルをざっと、卵を戻して塩胡椒。卵を炒めるのには少し慣れがいるけども、塩と胡椒にバジル味のシンプルさで何度もつくりたくなるなぁ。

トマトと炒り卵のバジル炒め

「三色弁当」は王道で最強。子供も大喜び

つくり置きできる鶏そぼろは朝の弁当づくりに本当に助かる。卵そぼろはフライパンにスクランブルエッグをつくってそのあとフープロで混ぜるやり方。あっという間に細かくなるしこれは便利だなぁ。今日の三色は卵そぼろに鶏そぼろ、アスパラ塩茹でにカリカリ梅。お弁当の配置は出来上がり写真にならって珍しく綺麗に盛りつけ。詰めて余った残りはすぐさま口の中で三色弁当に。美味しいじゃないか!
子供にもうまい!と評判だし何よりこれがあれば弁当つくりのレパートリーに間違いなくランクインするよね。王道そぼろ弁当に感謝です!

三食弁当

新しいたまご料理に挑戦した感想は?

「たまご料理は汎用性が高いですよね。副菜にも主菜にもなるしクイックメニューも豊富。スコッチエッグなんて憧れ系の料理あるし、カルボナーラのように1つのメニューに色々なレシピがあるのでとても魅力的な食材です。次は中華風茶碗蒸しとカステラ、プリンなんかもチャレンジしたいです」と鈴木さん。
これからも鈴木家ではたまご料理の頻度が増えそうですね!

文・写真:鈴木泰介

各たまご料理の詳しいレシピは、『dancyu定番シリーズ たまご料理57皿』に掲載されています。

dancyu定番シリーズ「たまご料理57皿」
dancyu定番シリーズ「たまご料理57皿」
A4変型判(112頁)
2021年5月31日発売/880円(税込)
この本を購入する
鈴木 泰介

鈴木 泰介 (カメラマン)

主に料理のフォトグラファー。『dancyu』をはじめとした雑誌、レシピ単行本などで活動中。普段から家族の食事、娘の弁当も担当。撮影中も家に帰ってからも年中食べもののことが気になります。