美味お取り寄せ
見て興奮!食べて興奮!トマホーク
トマホーク トマホーク

見て興奮!食べて興奮!トマホーク

"American Black Angus Tomahawk." この肉塊を焼くことは戦いだ!アメリカ先住民の斧「トマホーク」が名前の由来。斧から垂れる脂の炎と煙と格闘する場面は、まさに男の戦場。アウトドアが似合う肉だ。

USDA(米国農務省)の厳しい牛肉格付け制度

アメリカンビーフと言えば、和牛の繊細な職人技イメージとは違い、ざっくりとしたイメージを持つ方が多いかもしれない。調べるとわかるが、1923年に始まった米国牛肉の品質管理の取り組みは、実に論理的で精緻で、牛肉食文化の奥深さを感じる。
今回ご紹介するトマホークは、トップ格付けのプライムの次のランクのチョイス。肥育日数が120〜180日の若い牛で、霜降り度合いが適量前後の上質な肉だ。
契約農家からパッキング会社に運ばれ、厳しく規定されたプロセスを経て、食肉処理と格付けがなされたトマホーク(骨付きリブロースの塊)の原体は、冷凍コンテナで日本に送られ、日本の職人の手で、冷凍のまま斧に整形したもの。同じ会社の同じ格付けの肉がNYの老舗ステーキハウスでも提供されている。味は間違いない。

トマホーク

トマホークと戦う前の準備

  • 全長30cm厚さ4cmの塊肉が入る、冷凍庫または冷蔵庫のスペースがあること。
  • 全長30cmの骨付き肉を焼く、グリルパンかBBQの道具があること。
  • 重さ1kgの骨付き塊肉を持つに耐える、トングが2本はあること。
  • トマホークが火と対面する前、冷蔵庫内で解凍に丸2日。室温に戻すのに3時間。
  • トマホークと戦う腕のある人がいて、観戦する人もいること。
トマホーク
トマホーク

トマホークとの戦いと勝利の美酒

トマホークは手強い!炭火で焼くのが一番だが、脂が炭火に落ちれば、瞬時に大火災となる。数秒間、烈火と煙を浴びれば、トマホークの表面は真っ黒になってしまう。だから、炭火の加減に注意して、常にジリジリと焼きつつ、大炎上に肉塊が巻き込まれないようにしなければならない。切り分けてから、好みの焼き具合に追い焼きすれば良いから、真っ黒にならないことと、焼き過ぎなければ、ほぼ勝利は手中にできる。
肉が硬くなるから、塩を早くから振るのは禁物。フレッシュ唐辛子やコリアンダーなどを使ったサルサと食せば、草の香りがほんのり漂う、王道のアメリカンビーフ。

トマホーク
トマホーク

スポーツ観戦のメインディシュに最高のチョイス!盛り上がること間違いなし!

トマホーク
アメリカ産 アンガス牛 トマホーク リブロース
全長約30cm 約1kg CHOICE
dancyu.comで購入する

こちらもおすすめ!さっぱりとした旨味と甘味!

ウニ
ウニ
『生うに瓶詰め』(キタムラサキウニ)180g 青森県産
ミョウバンを使わない完全無添加のウニ。苦味や臭みが一切なく、ひとたび口にすれば、濃厚な甘味と磯の香り、とろけるような食感に酔いしれること請け合いだ。
dancyu.comで購入する

文:(株)食文化 萩原章史

dancyu.com

dancyu.com

全国の美味お取り寄せ・ギフトサイトです。雑誌「dancyu」掲載の旬の食材、話題のお店のグルメや希少な逸品を厳選してお届けします。