はらぺこ本屋の新井
「美味しそうな顔」のレシピ

「美味しそうな顔」のレシピ

食欲旺盛な書店員・新井さん。今回「美味しそう!」と喉を鳴らしたのは、ご飯でも、お酒でもなく……。

スーパーでおでんの材料を購入した。ちくわぶ4本、大根2本、たまご2パックに餅巾着をありったけ、それからはんぺん、こんにゃく、ウインナーも欠かせない。レジの店員はバーコードをスキャンした後、会計済みのカゴに移していくが、その際にときどき、小さなポリ袋に入れてくれることがある。その作業がなければ、会計待ちの行列はもう少し早く解消するだろう。何しろおでんは30人前だ。

とある理由で、私が買い出しと調理をすることになったのだが、できれば急いでほしかった。おでんは早めに仕込んで、味を染みこませたいではないか。やきもきしていると、また店員はポリ袋を広げ、丁寧に商品を入れた。それは、すでに火が通った大根のレトルトパックである。生の大根が食べ頃になるまでは、それで繋ごうと思って購入したのだが、何故か生の大根はポリ袋に入れていない。入れる入れないの基準がよくわからなかった。買い物のついでに、化粧品売場でカゴに入れたファンデーションなら、「気が利く」と素直に感謝できるのだが。

最近増えつつある化粧品ブランドのカフェに、私はどうも抵抗がある。まさか化粧品を口に入れるわけではなかろうが、なんとなく、においがするようで食欲が萎えるのだ。化粧品と食料品は相性が悪い。ポリ袋に入れて欲しいのは、直接触れた食べ物が、不味くなるような気がするからだ。

昨今のファンデーションは、子供の頃、母親の頬から漂ったようなキツい香りはしない。だが、飲食店の店員が塗り壁みたいな顔をしていたらギョッとするし、食事を供にする人の髪がスプレーでガチガチに固められていると、ちょっとげんなりしてしまう。

だが、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんが施すメイクは、美味しそうなのである。『世界一わかりやすいメイクの教科書』は、ハイセンスすぎる突飛なメイクでも、人気のタレントに似せるような顔面改造メイクでもなく、ベーシックなメイクが誰でも失敗なくできるようになる本だ。そして「血色」というキーワードが頻出する。美味しい食事やほどよいアルコールを摂取したときのような、大好きな人と温かいお茶を飲んでいるときのような血色の良さを、ベースメイクやチークによって引き出すのだ。

この本を教科書にメイクをしても、メイクの腕をほめられることは少ないだろう。だが「体調が良さそうだね」とか「なんかいいことあった?」などと、やたら声を掛けられるかもしれない。美味しそうなメイクは、健康的で幸せそうな雰囲気を作るのだ。

「小さなナルトを肌に置く」とか、「アプリコットカラーをもんやり」とか、メイクの手順を説明する際に使う言葉も、いちいち美味しそうだった。ファンデーションを塗るスポンジすら、小麦粉と卵でできたスポンジを連想させる。「スポンジのしみしみ部分を…」なんて、美味しそうにもほどがあるではないか。

今回の一冊 『わかりやすいメイクの教科書』長井かおり(講談社)
コスメの力を100%引き出すメイク、できていますか?シンプルなことを積み重ねるだけで、眠っていたコスメが日の目を見て、あなたがもっと素敵にみえる――そんないいことだらけのメイクテクニックをお教えします。

文:新井見枝香 イラスト:そで山かほ子

新井 見枝香

新井 見枝香 (書店員・エッセイスト)

1980年、東京生まれ下町(根岸)育ち。アルバイト時代を経て書店員となり(その前はアイスクリーム屋さんだった)、現在は東京・日比谷の「HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE」で本を売る。独自に設立した文学賞「新井賞」も今年で12回目。著書に『この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ』(秀和システム)、『本屋の新井』(講談社)など。