井賀孝さんの青春18きっぷ旅。台風上陸のまっただ中に里帰り。
各駅停車で台風6号「ナーリー」の中心へ。もとい故郷の和歌山へ!

各駅停車で台風6号「ナーリー」の中心へ。もとい故郷の和歌山へ!

写真家の井賀孝さんが各駅停車で里帰りします。旅の目的は故郷の和歌山での食べ歩き。しかし飛び込んできたのは、台風6号「ナーリー」が上陸し、関東に接近するというニュースでした。果たして無事に辿り着けるのでしょうか。

電車の経路を遡るように、大型の台風が接近していた。

出発前からバタバタとしていた。別件との折り合いで、なかなか出発日が決まらない。その上、台風まで来ていた。台風6号が西日本に接近していた7月最後の週末のことである。
なにやら「青春18きっぷで、実家に帰って飯を食おう」という趣旨の企画に誘ってもらったのだ。齢49にして、青春18きっぷとは、此は如何に。

予報画面
出発当日は、台風6号が朝に和歌山に上陸し、翌日にかけて関東に接近するという予報だった。

私はブラジリアン柔術黒帯にして写真家。いや、写真家にしてブラジリアン柔術黒帯。おまけに山伏修行をしている身でもある。そんな経歴ゆえか、若い頃から「テコンドー南北道場同時入門記」、地獄のコマンドスクールで「目指せ!特殊部隊」「俺のブラジル無茶修行」など数々の突撃体験型の雑誌取材をこなしてきた。

そんな私だ。スケジュールの都合上、12時間途中下車せずに和歌山まで帰ることになったが、どうということはない、はず……。キャリアを重ね、近頃はこういう仕事はとんと減っていたんだけどなあ。まあ、電車でのんびりと帰ることもなかなかないから、楽しむとしよう。

さて私の実家である。和歌山県和歌山市の園部にある。通常なら羽田空港から飛行機で関西国際空港まで飛ぶか、新幹線で新大阪へ行き、その後は在来線で和歌山駅となる。

今回は632kmの距離を青春18きっぷを使って帰省する。結構あるよー。調べてみたら所要時間は約12時間。自ら車を運転して帰っても、十分休憩をとって約10時間だから、それ以上である。普通、車より電車移動の方が早いよね?

自宅最寄りの高尾駅から始発で新宿駅に行くつもりだったが、スマートフォンのアラーム設定を間違えて、予定時刻に起きれず、担当編集者の星野君の電話で起きる。一本後の4時52分発の中央線に乗って新宿へ。

5時50分新宿駅到着。土曜日、休日の早朝ということもあってか、電車内も新宿駅も比較的空いていた。

空は曇天。東京は雨は降っていないが、これから向かう東海、近畿は雨予報。というか台風直撃の予報。そんな中わざわざ青春18きっぷを握りしめ、各駅停車で向かうのだから酔狂な話である。

新幹線ですぱっと危険地域を通過するならまだわかるが、ゆっくりと各駅に停まりながら行くのである。山では「危険地帯はなるだけ早く、無駄なく速やかに突破しろ」というのが常識である。それに大きく反する。あっ山じゃない、電車の通っている都市部での話だからいいのか。そんなわけはない!

私はなにも敢えて過酷なことをしたいわけではない。企画を面白くしようと、わざわざ台風の日を選んで、ハードルを上げたわけではない。2週間にわたる写真展が控えているため、ガチでこの日の出発しか選択肢がなかったのである。

星野君と新宿駅で合流し、青春18きっぷを受け取る。
駅員にスタンプを押してもらい、いざ出発。目指せ台風!もとい、和歌山。

青春18きっぷ
青春18きっぷにスタンプを押してもらい、旅の気分が高まります。
JR新宿駅14番ホーム
JR新宿駅14番ホーム。ここから出発。

品川駅までは山手線。そこから先は6時25分発の横須賀線で大船駅。この辺りまでは見慣れた光景というか、広義的には“東京”である。山が見えるわけでも、海が見えるわけでもない。まだ雨は降っていない。東海、近畿はこの時点で大雨とのこと。どこで雨雲とぶちあたるのか。はたして無事に東海地方を突破して関西に入り、和歌山までたどり着けるのか。ハラハラである。なんでこんな思いをしなきゃならないんだ(笑)。ゆっくりのんびり旅情を満喫しながら帰省するはずじゃなかったのか!

JR品川駅乗り換え
JR品川駅で最初の乗り換え。土曜日の早朝は人がまばらです。
空模様
JR品川駅の駅舎の窓の隙間から、台風を思わせる、暖かく強い風が強く吹きこんでいました。

調べてみたところ、JR在来線は、風速25m/s以上で運転中止となり、風速20m/s以上で速度制限がかかるとのこと。東海道本線は海辺を走るからだろうか、強風のためよく運転見合わせとなっている。安心できないのだ。

大船で再び乗り換え。7時16分発の東海道本線で熱海駅を目指す。海の気配がしてきたが、晴天ではないため、真夏感はない。ただ乗ってくる人々の雰囲気は明らかに変わった。海沿いに暮らしている人の趣が、服装や髪型などの身なりや肌の色から、そこはかとなく出ている。明らかに都心より、サンダル履き率が高いもの。

JR大船駅乗り換え
JR大船駅で乗り換え。相変わらずの曇天に台風の不安が募ります。
東海道本線
のんびりと海沿いを走る東海道本線。

小田原を過ぎたら、まさかの快晴。

途中で車内を移動し、向かい合わせの座席に座ることができた。ようやく落ち着いた。腹も減ってきたし、この辺りで朝食といこう。星野君がパンを買ってきてくれた。代々木上原にある「ベーカリーふじや」は、1930年創業の老舗のパン屋だという。“コンビーフコロッケパン”と“黒糖蒸しパン”をいただいた。外食が多く、舌が濃いめのジャンクな味に慣らされちゃってるから、たまにはこういう素朴な味がいいんだよね。むしゃむしゃといってしまった。

コンビーフコロッケパン
コンビーフのマヨネーズ和えとコロッケがぎっしり詰まった“コンビーフコロッケパン”。
黒糖蒸しパン
さつまいもがトッピングされた“黒糖蒸しパン”は、ほんのり甘くて優しい味。

まだ降っていない。それどころかときおり晴れ間すら見える。まじかよ。いくら私が晴れ男だからといっても都合よくいき過ぎだろ。

小田原駅を過ぎた。進行方向左手がキラキラと光って見える。海だ!なんだろうこのいくつになってもテンションが上がる、海との邂逅は。

海がいずれ現れるとわかっていてもこれだ。必ず富士山が見えるとわかっていても、いざ目の当りにすると興奮するアレと似ている。

晴天
真鶴付近で雲が晴れ、奇跡のような晴天に。
がら空きの車内
がら空きの車内では、女子高生が談笑していたり、若き自衛隊員がスマホを触っていたり。リラックスした空気が漂っていました。
山側の風景
海に反射した光が山側の風景を照らす。

海面が太陽光を反射して輝いている。夏だ。7月27日のこの時点では、まだ梅雨は明けていないはずなのだが。

先は長い。この時点では、和歌山までの行程の3分の1も達していない。
果たして、この先に台風が待ち構えているのか?

湯河原駅
途中停車した湯河原駅は、台風が近づいていることなど微塵も感じさせない景色でした。


――つづく。

店舗情報店舗情報

ベーカリーふじや
  • 【住所】東京都渋谷区西原3‐2‐5
  • 【電話番号】03‐3466‐2011
  • 【営業時間】7:00~21:00(売り切れ仕舞い)
  • 【定休日】日曜
  • 【アクセス】小田急線・東京メトロ「代々木上原駅」より1分

文・写真:井賀孝

takashi_iga.jpg

井賀 孝(写真家)

1970年、和歌山生まれ。写真家。ブラジリアン柔術黒帯。高校時代はボクシングに熱中し、近畿大会2位となる。大学卒業後、独学で写真を始める。27歳のときニューヨークで出会ったブラジリアン柔術がきっかけで、闘いながら写真も撮る。2008年から、より根源的なものに魅せられて山に登り始める。現在は山伏修行をしながら、格闘家やスポーツ選手、ミュージシャンなどの撮影をする。著書に『ブラジリアン バーリトゥード』(情報センター出版局)、『山をはしる―1200日間山伏の旅』(亜紀書房)、『不二之山』(亜紀書房)、『バーリトゥード 格闘大国ブラジル写真紀行』(竹書房)などがある。