dancyu食いしん坊俱楽部
食いしん坊の"ご縁"をつなぐ大忘年会!

食いしん坊の"ご縁"をつなぐ大忘年会!

食いしん坊たちの忘年会をお届けします!

今年一年どんな年でしたか?よく食べ、よく飲み、よく笑いましたか?2019年はdancyu食いしん坊倶楽部が発足した記念すべき年。その締めくくりも当然食いしん坊らしく……というわけで、12月上旬に開催した、その名も“ご縁をつなぐ大忘年会”の様子をお届け!

食いしん坊による食いしん坊のための宴

今回は、食いしん坊同士の“ご縁をつなぐ大忘年会”ということで、立食形式での開催。数百名の中から抽選で選ばれた50名が集った。
目玉は、年末らしく豪華なゲストシェフによるコース料理。なんと、今年、軽井沢に自身のレストラン「LA CASA DI Tetsuo Ota」を開いた時の人、太田哲雄シェフが会のためにわざわざ駆けつけ、参加者の目の前でライブクッキングを披露!“世界で一番予約が取れないレストラン”とうたわれたスペインの三つ星レストラン「エル・ブジ」を始め、イタリア、スペイン、ぺルーの名だたるレストランで磨いたその腕を存分に振るってもらった。

左から順に、太田哲雄シェフ、急遽助っ人として京都から駆けつけてくれたシェフ仲間の樹(うえき)宏昌シェフ、本誌の植野編集長。

今夜限りの全9品のコースには、太田シェフが修業した各国の食材と、自身の故郷であり現在店を構える信州の食材をふんだんに使用。dancyu8月号「豚肉最強」でレシピを紹介してくれたペルーの国民食「チチャロンサンド」を筆頭に、太田シェフが現地での生産を支え輸入販売も手がけている「アマゾンカカオ」を使ったパスタやデザート、そして、植野編集長たってのリクエストで、通常は店でも提供していない「ペルー風魚介のセビーチェ」が特別に組み込まれるなど、全てが主役級の華やかなメニューが揃った。

ペルーのストリートフード「チチャロンサンド」。具材はカリカリに揚げた豚バラ肉(チチャロン)、揚げサツマイモ、赤玉ねぎのサラダ。
「信州牛とアマゾンカカオのパスタ」。赤ワイン同様にポリフェノールを含んだアマゾンカカオのソースは、信州牛の頰肉と好相性。
デザートは、チョコレートの濃厚な風味と、上質な水がもたらすクリアな食感が同居した「湧き水を使ったフォンダンカカオ」。
舟盛り状態の「ペルー風魚介のセビーチェ」。新鮮な毛ガニ、オマール海老、ムール貝、ヒラメなどをしぼりたてのレモン果汁でマリネ。

また、「日本ビール」のコンパクトな最新式ビールサーバーや、栃木県は足利市の人気醸造所「ココ・ファーム・ワイナリー」のワインも登場し、太田シェフの料理に華を添えた。

自宅用にもお薦めという「日本ビール」のビールサーバーで、4種類のフレッシュなビールを提供した。
台風19号で被災した「ココ・ファーム・ワイナリー」を応援したいという思いから、当日は人気銘柄「農民ロッソ」などを用意。

この豪華な宴には、参加者たちも大興奮!「以前太田シェフの出演番組を見ていたので、今日は目の前で料理をしてもらえるなんて夢みたい」と興奮する男性や、「こんなにカカオのアレンジの仕方があるなんて知りませんでした」と目を輝かせるカカオ好きの女性の姿が印象的だった。
サプライズはこれだけではない。当日は、植野編集長自ら豊洲市場で仕入れてきた青森県大間産のマグロも急遽登場。自ら腕を振るい、煮切り醤油で和えた刺身風の一品と、塩とオリーブオイルで焼き物に仕立てる姿に、「編集長の料理姿も見られるなんて!」と、植野ファンは大喜び。

まるでルビーのような断面の大間産マグロ!「今日のために出社前に豊洲で仕入れてきました」(植野)。

会の中盤には、全員にもれなくプレゼントが当たる大抽選会がスタート。dancyuの誌面にも登場したステーキナイフに始まり、編集長がこれまで訪れた取材先で手に入れた“植野のお土産シリーズ”や、現在300人待ちとの情報もある太田シェフ手作りの「アマゾンカカオのポップコーン」まで、豪華景品が続々登場。誰かが当たるたびに自然と拍手や歓声が上がり、会場は和やかな雰囲気に包まれた。

植野編集長とスタッフがまとう「dancyuオリジナルエプロン」も、抽選会の景品の一つとして登場。
「おいしいものを食べられただけでも満足なのに、その上プレゼントまでもらえるなんて!」と、会場も大盛り上がり。

「年末なのでおいしいものが食べたくて」と申し込んだという女性は、「立食なので、いろいろなテーブルの方とも話しやすかった。こういった会に参加するのは初めてで、勇気を出して申し込んでみたけど、1人でも参加しやすくて嬉しかったです」と、“新しいチャレンジ”に満足げ。また、最年少と思われる20代女性は、「同世代の友人に食の価値観が合う人がいなくて寂しかったけど、今日は幅広い世代の食いしん坊の人たちと出会えて楽しい!」と、まさに会の趣旨そのものを堪能してくれたようだ。
一方、20年近く愛読しているという熱心な読者の参加も目立った今回。「dancyuは、“おいしいものをみんなで仲良く楽しもう”という精神にあふれた雑誌。その感じが今日の会にもあふれていて、とっても素敵」とのあたたかい感想も寄せられた。

20代から70代までの様々な世代の食いしん坊が集合。年末ということもあってか、母娘や姉妹、夫婦など、家族での参加も多かった。

来るべき2020年も、dancyu食いしん坊倶楽部だからこそできる様々な企画やプロジェクトを考案中だ。知って、食べて、楽しみ、支え合う。これからも食いしん坊の皆さんと楽しくおいしい時間を分かち合うことを心に誓って、「来年も、食いしん坊がますます元気に、日本を笑顔にできるように、カンパーイ!」(植野)。

乾杯する様子

(太田シェフの「チチャロンサンド」のレシピが登場する本誌8月号もぜひご覧ください)

▼食いしん坊倶楽部への入部はこちら!

食いしん坊俱楽部

入部方法
「PRESIDENT ID」(※2)をお持ちの方は、ログインのうえ、ご登録ください。
「PRESDIENT ID」をお持ちでない方は、取得のうえ、食いしん坊俱楽部にご登録ください。
(※2)dancyuのwebサイト、プレジデントオンラインなどで会員登録をされた方に付与されています。
無料会員登録 / ログイン
個人情報について
ご登録いただいた際の個人情報につきましては、アンケート集計、弊社サービスに関するお知らせ、サービス向上を目的としたマーケティング活動に利用させていただきます。また、アンケート結果を協賛各社および広告会社へ提供することがあります。また、アンケート依頼時の参考商品や発送する際に、個人情報を協賛各社および広告会社に提供する場合があります。提供後の個人情報は、協賛各社の規定に基づき取り扱われます。

文:白井いち恵 写真:富貴塚悠太