dancyu食いしん坊俱楽部
「dancyu食いしん坊倶楽部」いよいよ本格始動!

「dancyu食いしん坊倶楽部」いよいよ本格始動!

7月31日に「dancyu食いしん坊倶楽部」の発足を記念したキックオフミーティングを開催しました!食いしん坊たちが大いに盛り上がったイベントの様子をご覧ください。

「dancyu食いしん坊倶楽部」コーナーが加わります!

このほど、「dancyu食いしん坊倶楽部」を立ち上げました。食いしん坊のみなさんで日本の食をもっと美味しく、もっと楽しくする集まりです。イベントを開催したり、オリジナルの「食」を考えたり、生産地への見学ツアーなど、いろいろなことをやっていきます。このサイトでも、倶楽部のイベント告知や活動報告、さらには「食いしん坊」のための様々な情報を掲載するコーナーをつくりました。ぜひチェックしてください!

キックオフミーティング開催しました!

去る7月31日、「dancyu食いしん坊倶楽部」のキックオフイベントを開催しました!多数の応募者の中から抽選を勝ち抜いた200人の食いしん坊達が東京・六本木のホテル「ANAインターコンチネンタル東京」に集合。食いしん坊による食いしん坊のための倶楽部が華々しくスタートを切ったのです!

紹介画面

放送作家の小山薫堂さんがスカイプで登場!

さあいよいよ始まったキックオフミーティング。まずは、「食いしん坊倶楽部」のコンセプトを動画にて放映。その後、編集長の植野が登壇し「食いしん坊倶楽部」の発足宣言と今後の活動予定と夢(?)を熱く語りました。

編集長の植野
「食いしん坊倶楽部」の発足を宣言する編集長の植野。

そして、応援ゲストとして放送作家の小山薫堂さんが出張先からスカイプにて登場。植野と食いしん坊について熱く語り合ってくれました!

小山薫堂さん
「店の点数などを気にせず、おいしいものを探求する」と食いしん坊の理念を語る小山薫堂さん。

サプライズゲストによる乾杯

植野と辻 仁成さん
まるで漫才のようなやり取りをする植野と辻 仁成さん。

いよいよ乾杯となった時に、サプライズゲストとして作家の辻 仁成さんが登場!植野とまるで漫才のようなやり取りを披露して、会場を沸かせました。そして、「食いしん坊倶楽部」発足のお祝いの言葉とともに乾杯の音頭をとっていただきました。

乾杯
「dancyu食いしん坊倶楽部」発足を祝って乾杯!

さあどんどん食べて、どんどん飲みましょう!

乾杯がすんだら待ちに待った食事タイム。
まずは、飲み物の確保!ということで長蛇の列が生まれたのは、「サッポロビール」のワインブース。8種類もの「ベリンジャー」の飲み比べができるので、飲んでは並び飲んでは並びと列が途切れる様子がありませんでした。

参加者
香りと味の違いを楽しむ参加者の皆さん。

化学肥料や糖度を増すための不自然な処理は一切せず、自然界のものだけで開発された土で育てた「OSMICトマト」も参加。トーストしたパンにトマトを塗るといったシンプルな料理ながら、植野に「死ぬ前に食べるならこれ」と言わしめるパンコントマテも登場!

参加者
濃い甘味を持つミニトマトやトマトジュースなどもお楽しみいただきました。

さらに「かどや製油」の濃口ごま油をつかったナムルも提供。深く炒った濃厚な味わいの濃口ごま油を使用したナムルは、何度もおかわりしたくなるおいしさでした。

参加者
濃厚なごま油の香りは食欲を駆り立てます。

dancyu2019年7月号の「東京特集」、さらに植野が出演したNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にも登場した「東京焼き麺スタンド」も参加していただきました。もちもちとした中太の麺を使った焼きそばは食いしん坊たちの心を鷲掴みにし、長い列ができていました。

焼きそば
香ばしい香りは言わずもがな、美味しそうに焼きあがる音を聞いてしまっては並ばずにはいられない。

そのほかにも北海道・十勝の食肉料理人集団で、「食いしん坊倶楽部」の「放牧豚プロジェクト」にも協力していただいている「エレゾ」のハムやホテル提供の料理を食べながら、食いしん坊同士の交流を深め、大いに盛り上がりました。

「エレゾ」のハムを堪能するお二人。「放牧豚のプロジェクト楽しみです!」
会場で意気投合したというお二人。着々と食いしん坊の絆が広がっています。
「ずっと楽しみにしてたんです」と語ってくれたのは、抽選は全て一人単位で行われたにも関わらず、ご夫婦そろって当選した強運のお二人。
編集部員との交流も行われました。
「パンコントマテ最高ッス!」と語る参加者。

会場が盛り上がりを見せる中、再び植野が登場。
「同じ料理でも隣の人より美味しく食べる」が信条の編集長がその実践法の一例として、ナポリタンの「インサイド食べ」を食いしん坊のみなさまに披露。

「インサイド食べ」とはフォークに粉チーズを乗せてから、麺をまく食べ方。こうすることで、口に入れた時にまずナポリタンの味、その後から粉チーズの香りがくるということを力説。
挑戦する参加者の方々。意外と難しいと悪戦苦闘しています。
キレイに巻けて喜ぶお二人。「確かに口の中がいきなり粉チーズの味にならなくておいしいです」と納得してもらえました。

募集いただいたアイディアを紹介!

みなさんのお腹も膨れてきた頃、事前に会員の方々から募集をしていた「私の思い出カレー」と「あったらいいな缶詰」のアイディアを発表しました。

「子供の頃の憧れのカレーを再現したい」という思い出カレーアイディアを発表。
ユニークなアイディア缶詰も続々と紹介。
食いしん坊の頭脳を刺激するユニークなアイディアの数々を、みなさん真剣に聞いています。

さらに缶詰のアイディアを実際に形にしていただく、高知県の黒潮町缶詰製作所の友永公生さんも高知から駆けつけてくれて、倶楽部のメンバーから送られてきたアイディアを基に進めている試作状況などを説明してくれました。

友永公生さん

大いに盛り上がったキックオフミーティングはあっという間に2時間が過ぎ、閉会のあいさつとなりました。
みなさまに盛大な拍手をいただき、「dancyu食いしん坊倶楽部」の初めてのイベントは大成功に終わることができました。
ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました!
そして、今回は残念ながら抽選に外れてしまったみなさま、今後のイベントなどで抽選に外れた方に優先してご案内するなどの方法を考えますので、ぜひ参加してください!

参加者

「食いしん坊倶楽部」への入部はこちら!

食いしん坊俱楽部

入部方法
「PRESIDENT ID」(※2)をお持ちの方は、ログインのうえ、ご登録ください。
「PRESDIENT ID」をお持ちでない方は、取得のうえ、食いしん坊俱楽部にご登録ください。
(※2)dancyuのwebサイト、プレジデントオンラインなどで会員登録をされた方に付与されています。
無料会員登録 / ログイン
個人情報について
ご登録いただいた際の個人情報につきましては、アンケート集計、弊社サービスに関するお知らせ、サービス向上を目的としたマーケティング活動に利用させていただきます。また、アンケート結果を協賛各社および広告会社へ提供することがあります。また、アンケート依頼時の参考商品や発送する際に、個人情報を協賛各社および広告会社に提供する場合があります。提供後の個人情報は、協賛各社の規定に基づき取り扱われます。

写真:富貴塚悠太