秋の味覚を楽しむレシピ
もっちり食感の"れんこんのじっくり焼き"

もっちり食感の"れんこんのじっくり焼き"

秋の食材を上手に使いこなして、食卓を飾りたい。でもなかなか使いこなすのが難しいれんこんを使った料理を、料理研究家の重信初江さんに教わります。食卓がぐっと秋らしく、華やかになるレシピをご紹介します!

“れんこんのじっくり焼き”のつくり方

材料材料 (2人分)

れんこん大きめ1節(300g)
鶏もも肉大1枚(350g)
小さじ1/4
オリーブオイル大さじ1/2
A
・ 醤油大さじ1/2
・ 粗挽き黒胡椒少々

1れんこんの下ごしらえ

れんこんは皮つきのまま厚さ1.5cmに切る。鶏肉は2等分に切り、れんこんと鶏肉全体に塩をふる。

2焼く

フライパンにオリーブオイルをひき、1を並べ、弱めの中火で14~15分、れんこんと鶏皮にこんがりとした焼き色がついてくるまでゆっくり焼く。ときどきチェックして、時間より早く焼き色がつきそうなら、火を弱くして調節しながらじっくりと。

焼く
れんこんと鶏肉は同時に焼きます。焦げないように火加減には注意して。

3仕上げる

上下を返し、さらに4~5分焼く。仕上げにAを全体に回しかける。

仕上げる
じっくり、いい焼き色がついて焼き終わったところで醤油と胡椒を。素材の甘さを生かす最小限の味つけです。
完成

教える人

重信初江 料理研究家

料理研究家のアシスタントを経て独立し、雑誌やテレビなどで活躍中。身近な食材を使 った再現性の高いレシピに定評がある。旅行好きで韓国、台湾など旅先で出合った味をアレンジしたレシピも得意。晩ごはん献立』など著書多数。インスタグラムもおいしそう。

このレシピは四季dancyu「秋の台所。」に掲載されたものです。

四季dancyu「秋の台所。」
四季dancyu「秋の台所。」
A4変型 判( 120 頁)
2019年09月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する

文:椙下晴子 撮影:鈴木泰介