秋の味覚を楽しむレシピ
まろやかな酸味の"さんまとブドウのバルサミコソテー"

まろやかな酸味の"さんまとブドウのバルサミコソテー"

秋の食材を上手に使いこなして、食卓を飾りたい。でもさんまって塩焼き以外でどう食べたらいいか分からない。そんなさんま使った料理を、料理研究家の重信初江さんに教わります。食卓がぐっと秋らしく、華やかになるレシピをご紹介します!

“さんまとブドウのバルサミコソテー”のつくり方

材料材料 (2人分)

さんま2尾
ぶどう10~12粒(巨峰など)
ペコロス*7~8個(200g)
オリーブオイル大さじ1/2
A バルサミコ酢大さじ2
A 塩7~8個(200g)
A 粗挽き黒胡椒大さじ1/2

*なければ玉ねぎ1/2個を幅7~8mmのくし形に切ったもので代用可

1さんまの下ごしらえ

さんまは頭を切り落とし、3等分に切って内臓を除き、冷水で洗ってキッチンペーパーで水気を押さえる。

2ペコロスの下ごしらえ

ペコロスはぬるま湯に10分ほどつけてから皮をむく。ぬるま湯につけておくとむきやすい。皮をむいたら半分に切る。

3焼く

フライパンにオリーブオイルを熱して1、2を並べ、中火で2~3分、上下を返し2~3分焼く。

4仕上げる

洗って水気を拭いたぶどうを入れてAを注ぎ、強めの中火でぶどうの皮が少し弾けるくらいまで1分ほど煮詰め、火を止める。

仕上げる
こんがりさんまを焼いてから、ぶどうに軽く火を通して。
完成

教える人

重信初江 料理研究家

料理研究家のアシスタントを経て独立し、雑誌やテレビなどで活躍中。身近な食材を使 った再現性の高いレシピに定評がある。旅行好きで韓国、台湾など旅先で出合った味をアレンジしたレシピも得意。晩ごはん献立』など著書多数。インスタグラムもおいしそう。

このレシピは四季dancyu「秋の台所。」に掲載されたものです。

四季dancyu「秋の台所。」
四季dancyu「秋の台所。」
A4変型 判( 120 頁)
2019年09月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する

文:椙下晴子 撮影:鈴木泰介