収穫の秋をまるごと食卓に!
酸味が美味しい"ごぼうとドライトマトのきんぴら"

酸味が美味しい"ごぼうとドライトマトのきんぴら"

酸味が効いた洋風のきんぴらです。ドライトマトには旨味成分のグルタミン酸が凝縮されているので、料理に加えると美味しさがアップします。実りの秋です!旬の食材の風味を大切にした、季節の料理を料理研究家の植松良枝さんに習いました。

“ごぼうとドライトマトのきんぴら”のつくり方

和風惣菜の筆頭にあげられるきんぴらごぼうが、異国風の味わいに。ドライトマトの凝縮した旨味とやわらかい酸味で味がグッと深まりました。牛肉も入れて、ごちそう感満載です。刻んだクレソンや三つ葉、ルッコラなどをさっと和えても◎。

材料材料 (つくりやすい分量)

ごぼう150~200g
ドライトマト30g
牛肉150g(切り落とし)
オリーブオイル大さじ1と1/2
醤油大さじ1

1下準備

ごぼうはささがきにして酢水(材料外)に10分ほどさらしておく。ドライトマトはぬるま湯80ml(分量外)に10分ほど浸してやわらかくし、水気をきって粗く刻む。もどし汁はとっておく。牛肉はザク切りにする。

下準備
ドライトマトはオイル漬けのものもありますが、その場合はもどさずに使います。もどし汁は水で代用してもOK。たっぷりの湯に10~15分つけてもどしてから使います。旨味が出たもどし汁も無駄なく使います。ドライトマトの保存は冷蔵庫で早めに使い切りましょう。

2炒める

フライパンにオリーブオイルをひき、ごぼうを入れて中火で2~3分炒め、しんなりしたら牛肉とドライトマトを加えて炒める。

3調味する

牛肉の色が変わったらドライトマトのもどし汁と醤油を加え、強火にして汁気がとぶまで炒めたら完成。

完成

教える人

植松良枝 料理研究家

植松良枝 料理研究家

季節の移ろいを愛してやまない料理研究家。人気の料理教室「日々の飯」主宰。料理だけではなく毎日の生活にも季節の彩りを添え、暦や月の満ち欠けも生活の節目として大切に考える。1歳半を迎える子供の離乳食にも季節を映すことを忘れず、家族で季節ごとの喜びを分かち合っている。

このレシピは四季dancyu「秋の台所。」に掲載されたものです。

文:中村裕子 撮影:野口健志

四季dancyu「秋の台所。」
四季dancyu「秋の台所。」
A4変型 判( 120 頁)
2019年09月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。