夏の野菜料理で元気いっぱい!
ゴーヤーの苦味と甘辛いたれのバランスが絶妙な"ゴーヤーの鶏つくね詰め焼き"

ゴーヤーの苦味と甘辛いたれのバランスが絶妙な"ゴーヤーの鶏つくね詰め焼き"

鶏つくねの優しい旨味と甘辛いたれが、ゴーヤー特有の苦味と絶妙にマッチします。ちょっと苦味が苦手という人にもお薦めです。シンプルに焼いて、さっぱり和えて、豪快に炒めて、と夏野菜の旨味を最大限生かした、植松良枝さん直伝の直球料理をご紹介します。

“ゴーヤーの鶏つくね詰め焼き”のつくり方

ゴーヤーの種とワタを取り除いたくぼみに挽き肉だねを詰めて焼きます。
甘辛いたれを全体にからめると、ゴーヤーの苦味がほどよくなじんで味も深まります。

材料材料 (3~4人分)

ゴーヤー1本
★ 挽き肉だね
・ 鶏挽き肉180g
・ 生姜大1片分(みじん切り)
・ 塩小さじ1/3
・ 粗挽き黒胡椒小さじ1/2
・ 片栗粉小さじ1
片栗粉適量
大さじ1(米油などくせのないもの)
★ たれ
・ 醤油大さじ3
・ みりん大さじ3
・ 酒大さじ1
・ きび砂糖小さじ2
温泉卵1個

1挽き肉だねをつくる

ゴーヤーは縦半分に切って種とワタを取り除き、内側に縦に数本の浅い切り込みを入れる。ボウルに挽き肉だねの材料を合わせ入れ、粘り気が出るまで手でよく混ぜる。

挽き肉だねをつくる
種はスプーンなどでワタごとこそげると簡単に取り除けます。

2たねを詰める

ゴーヤーのくぼみに挽き肉だねを詰め、表面を平らにならす。焼く直前に肉だねの表面に片栗粉を薄くまぶす。

たねを詰める
挽き肉だねを詰めていきます。スプーンを使ってきっちり詰め込んで。

3蒸し焼きにする

熱したフライパンに油をひき、2の肉だねの面を下にして並べ入れ、蓋をして3分ほど焼く。焼き色がついたら裏返し、湯1/2カップを加えて再び蓋をして弱めの中火で6~7分、水分がなくなるまで蒸し焼きにしたら一度取り出す。

4仕上げ

3のフライパンにたれを煮立たせ、フライパンを傾けながらとろみが出るまで煮詰め、3を戻し入れてさっと煮からめる。食べやすく切って器に盛り、たれも回しかけ、温泉卵をのせる。

完成

教える人

植松良枝 料理研究家

植松良枝 料理研究家

料理研究家。人気の料理教室「日々の飯まま事ごと」主宰。自ら畑を耕すほどの野菜好き。野菜の旬をいち早く察知し、料理をつくる。みなぎる野菜の力に、つくり手の食いしん坊パワーがプラスされた料理は、食べ手の鼻と舌を魅了する。食を通して季節の移り変わりを提案。また、花や雑貨と料理のコラボレーションの提案や数々のイベント企画など、活動は多岐にわたる。近著に『春夏秋冬ふだんのもてなし』(KADOKAWA刊)がある。

文・中村裕子 撮影・野口健志

この記事は四季dancyu「夏のキッチン」に掲載したものです。

四季dancyu 夏のキッチン
四季dancyu 夏のキッチン
A4変型 判( 120 頁)
2020年06月11日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。