夏にぴったりのスペイン料理
甘味と酸味が絶妙な"いかの詰め物トマトソース煮"

甘味と酸味が絶妙な"いかの詰め物トマトソース煮"

スペインの家庭では、やわらかいやりいかを使った詰め物が人気。日本なら、お米を詰めていか飯にするところですが、炒めたげそと玉ねぎを詰めるだけのスペイン式は食後感も軽やか。いかのだしがしみ出たトマトソースが美味です。スペインの夏の定番家庭料理をマドリード滞在歴14年の料理研究家、丸山久美さんに教えてもらいました。

“いかの詰め物トマトソース煮”のつくり方

中に詰めた玉ねぎの甘味と、いかのだし、トマトソースの酸味がいいバランスで溶け合います。やりいかが手に入らないときは、小さめのするめいかを使っても。

材料材料 (4人分)

いか2~4はい(やりいか)
玉ねぎ2個分(みじん切り)
にんにく2片分(みじん切り)
ホールトマト400g(缶詰)
小麦粉少々
オリーブオイル大さじ2
砂糖小さじ1
小さじ1/4
胡椒少々

1下ごしらえ

いかは内臓を取り除き皮をむく。足とえんぺらはみじん切りにする。

2玉ねぎを炒める

フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れて中火にかけ、玉ねぎを炒める。しんなりとしたらにんにくを加えてさらに炒め、半量をソース用に取り分けておく。

3足とえんぺらを炒める

2のフライパンに残した半量に、いかの足とえんぺらを加えて炒める。塩少々(分量外)、胡椒で味をととのえ、粗熱を取る。

4詰める

1のいかの胴に3を詰めてつまようじで留め、小麦粉を薄くはたく。

詰める
げそと玉ねぎの詰め物は、お米と違って膨張しないので、たっぷり詰めても大丈夫。

5焼く

フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れて中火にかけ、4の両面をさっと焼いて取り出す。

6仕上げ

5のフライパンに、2で取り分けた玉ねぎとにんにくを炒めたものを戻し、トマトの水煮を加える。塩、砂糖をふり、トマトをつぶしながら混ぜる。5のいかの詰め物を戻し、蓋をして弱火で20~25分煮込む。途中、いかの上からソースをかけながら、ソースがとろりとなるまで煮詰める。水分がなくなり焦げそうになったら、水少々を加えてもよい。

完成

教える人

丸山久美 料理研究家

丸山久美 料理研究家

ツアーコンダクターとして世界中を回った後、スペイン・マドリードで14年暮らす。2001年に帰国後は、スペインの家庭料理を中心に料理教室を主宰しながら雑誌やウェブでも活躍。著書も多数出版。

文:鹿野真砂美 写真:宗田育子

※この記事は四季dancyu「夏の台所。」に掲載したものです。

四季dancyu「夏の台所。」
四季dancyu「夏の台所。」
A4変型判(120頁)
ISBN:9784833477925
2019年06月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する
鹿野 真砂美

鹿野 真砂美 (ライター)

1969年東京下町生まれ。酒と食を中心に執筆するフリーライター。かつて「dancyu」本誌の編集部にも6年ほど在籍。現在は雑誌のほか、シェフや料理研究家のレシピ本の編集、執筆に携わる。料理は食べることと同じくらい、つくるのも好き。江戸前の海苔漁師だった祖父と料理上手な祖母、小料理屋を営んでいた両親のもと大きく育てられ、今は肉シェフと呼ばれるオットに肥育されながら、まだまだすくすく成長中。