オカズデザインの家ごはん
柔らかな酸味でこんがりとろ~り"ねぎのマリネ"

柔らかな酸味でこんがりとろ~り"ねぎのマリネ"

常備菜としてお薦めしたい、香りも美味しいねぎのマリネです。“時間がおいしくしてくれるもの”をテーマに活動するオカズデザインの二人は、東京と岡山で二拠点生活をしています。文字どおり「水が合った」という蒜山・中和で暮らすようになって、今まで以上に、手の届く範囲のものを使って料理をするようになったそう。そんな二人の自宅ごはんを習いました。

“ねぎのマリネ”のつくり方

赤ワインビネガーとレモン汁を使うので、酸味がやわらかく香りのよいマリネに。焦げたねぎの香ばしさがワインにも日本酒にも合います。つくり置きに重宝する一品。

材料材料 (つくりやすい分量)

長ねぎ2本分(約120g)(白い部分、太めのもの)
オリーブオイル大さじ6
赤ワインビネガー大さじ2
レモン汁大さじ2
醤油小さじ2
砂糖小さじ2
小さじ2/3
柚子胡椒ほんの少し

1下ごしらえ

ねぎは長さ5~6cmにきっちり揃えて切る。

2たれをつくる

赤ワインビネガー、醤油、砂糖、塩を小鍋に入れて強火にかけ、砂糖が溶けたらすぐ火を止め容器に入れる。レモン汁と柚子胡椒を入れてよく混ぜ、オリーブオイルを細くたらしながら混ぜ続ける。

3ねぎを焼く

1を網で焼く。全体をこんがりと焼いたら熱いうちに2に入れる。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて1日おく。

4仕上げる

ねぎを取り出し、器に盛る。好みで黒胡椒やハードチーズ(分量外)を削りかけてもおいしい。

完成

教える人

オカズデザイン 料理・デザインユニット

オカズデザイン 料理・デザインユニット

2000年結成。書籍や広告のレシピ制作・器の開発・映画やドラマの料理監修などを手がける。東京都杉並区にて、器と料理の店「カモシカ」をオープン。作家の器の展示、季節の保存食の販売をはじめ、食にまつわる企画を開催している。著書に『二菜弁当』『マリネ』など。映像では映画『食堂かたつむり』、NHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』などの料理指導、監修・制作を担当。

写真:キッチンミノル 文:椙下春子

この記事は四季dancyu「春の食卓。」に掲載したものです。

四季dancyu『春の食卓。』
A4変型 判( 116 頁)
ISBN: 9784833477680
2019年3月5日発売 / 1,080円(税込)
このムックを購入する