愛しの新じゃがおかず
もっちり食感の"新じゃがのお好み焼き"

もっちり食感の"新じゃがのお好み焼き"

瑞々しい新じゃがを加えることで、軽やかな仕上がりになります!春から初夏限定、畑からの賜り物の新じゃが。貯蔵されていない、採れたてのじゃがいもに限って“新”の名称が与えられます。その名のとおり、みずみずしくて新鮮な香り。皮が薄くてやわらかいのも特徴です。丸ごと揚げて、焼いて、ゆでて!せん切りにして、シャッキリ食感を楽しむのもお薦めです。季節限定の香りとホクホクを日々の食卓に!

“新じゃがのお好み焼き”のつくり方

じゃがいもをすりおろしてつくります。ふわふわ、もっちり。じゃがいもならではの食感で、一度食べたらやみつきになりそう。生地にひそんでいるちくわもいい仕事をしています。

材料材料 (2人分)

新じゃがいも3個(大)
キャベツ100g
長ねぎ8cm
ちくわ1本
豚バラ肉3枚(約100g)(薄切り)
1個
小麦粉大さじ2
サラダ油大さじ1と1/3
小さじ1/4
胡椒少々
醤油大さじ1/2
削り節適量
青海苔粉少々

1材料の下ごしらえ

じゃがいもは皮をむいたら水に浸し、さっと洗って水気をきる。キャベツは長さ3~4cmのせん切りに、ねぎは小口から薄切りにする。ちくわは薄い輪切りにする。豚肉は長さを半分に切る。

2生地をつくる

じゃがいもはすりおろし、万能こし器にさっと通して軽く水気をきる。大きめのボウルに入れて卵、小麦粉、塩、胡椒を加えて混ぜる。

3食材を加え混ぜる

キャベツ、ねぎ、ちくわも加えて大きく混ぜる。

4焼く

直径26cmのフライパンにサラダ油小さじ1を薄くひき、中火で熱して豚肉を並べ、その上に3の生地をのせる。中火で3~4分焼いてから弱火にして4~5分焼く。裏に返してサラダ油大さじ1をまわりから流し入れて中火で3分ほど焼き、さらに弱火で4~5分焼く。器に盛って醤油を刷毛で塗り、削り節、青海苔粉をふる。

完成

教える人

大庭英子 料理研究家

大庭英子 料理研究家

「特別な材料や調味料を使わずにつくれる料理」を数多く提案している。長年の経験と知恵から、余分な手間をそぎ落としてつくるシンプルな料理は、「おいしい」と絶大なる定評がある。キッチンにはどこででも買うことのできるポピュラーな調味料が並ぶ。分量や入れるタイミングなど、ちょっとしたコツで、誰もが幸せになれる料理がつくれる、ということを自ら実証中。

文:中村裕子 写真:原ヒデトシ

この記事は使えるdancyu「じゃがいも」に掲載したものです。

使えるdancyuじゃがいも
使えるdancyuじゃがいも
A4変型判(108頁)
2020年11月16日発売/880円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。