今日、なにつくる?
ジュワッと旨味あふれる "シュレッドチーズのトースト"|本気のチーズトースト⑥

ジュワッと旨味あふれる "シュレッドチーズのトースト"|本気のチーズトースト⑥

いろいろな種類が入ったシュレッドチーズとフレッシュトマト、アンチョビをのせれば、いつものピザトーストが極上の一品に!チーズトーストは、手軽なもの。そう思い込んで、手を抜いていないだろうか。チーズの種類や質、パンとの相性。ちょっと本気を出せば、絶品チーズトーストが待っている!

“シュレッドチーズのトースト”のつくり方

アンチョビフィレの塩気とトマトのボリュームで、ピザトーストのような満足感を得られるトースト。トマトはミニトマトに代えてもよし。水分が出てしまうので、パンに具材をのせたらすぐに焼き、早めに食べるのがおすすめ。

“シュレッドチーズのトースト”のつくり方

シュレッドチーズ
“シュレッド”は断片という意味で、細断したチーズを混ぜ合わせて製品にしたものの総称。メーカーによって使用するチーズや配合は異なる。チーズ王国はゴーダやチェダーなどをブレンド。塩気の強さも違うので調整を。

材料材料 (1人分)

シュレッドチーズ50g
食パン1枚(4~5枚切り)
トマト4切れ(幅5mm程度にスライスしたもの)
アンチョビフィレ2切れ
イタリアンパセリ適宜

1チーズをのせる

アンチョビフィレ1切れを幅5mm程度に切って食パンに並べたトマトの上に散らし、パンの表面全体にシュレッドをまぶし、最後にフィレ1切れをそのままのせる。

2焼く

オーブントースターで焼き、チーズにこんがりと焦げ目がついたら皿に盛る。好みでイタリアンパセリを飾る。

完成

文:吉田彩乃 写真:神林環

※この記事は技あり!dancyu「チーズ」に掲載したものです。

技あり!dancyu「チーズ」
技あり!dancyu「チーズ」
A4変型 判( 88 頁)
ISBN: 9784833477352
2018年10月30日発売 /880円(税込)
この雑誌を購入する
吉田 彩乃

吉田 彩乃 (ライター)

1986年、東京都生まれ。2015年よりフリーランスのライターとして活動し、食関連の記事のほか、ビジネス、経済、カルチャーなど幅広いジャンルで執筆。好きなものは珈琲とナチュラルワインと、ワインのつまみになるパン。