本気のチーズトースト
ほのかな酸味と甘味がスパイスと合う!"トムドサヴォワチーズのカンパーニュトースト"

ほのかな酸味と甘味がスパイスと合う!"トムドサヴォワチーズのカンパーニュトースト"

トムドサヴォワチーズは、牧草のような独特な香りをもつセミハードチーズです。スパイスとの相性が良いので、好みの組み合わせを試すのも楽しいですよ。チーズトーストは、手軽なもの。そう思い込んで、手を抜いていないだろうか。チーズの種類や質、パンとの相性。ちょっと本気を出せば、絶品チーズトーストが待っている!

“トムドサヴォワチーズのカンパーニュトースト”のつくり方

樽香のきいた白ワインとのペアリングがおすすめ。ナツメグの代わりに粒胡椒を使うと和風の味わいになるので、すっきりした味わいの日本酒との相性が良くなる。トムドサヴォワの独特な風味は、カンパーニュのほか、小麦の香りが強いものや少しクセのあるパンと合わせると、風味がマッチしてバランスが良くなり、さらにおいしくなる。

トムドサヴォワ
フランスの山岳地帯のセミハードチーズ。牧草のような独特な香り。ほのかな酸味と甘味があり、ナツメグ、胡椒などの香辛料と好相性。トムドサヴォワとじゃがいものグラタンは、サヴォワ地方の伝統的な家庭料理。

材料材料 (1人分)

トムドサヴォワ60g
カンパーニュ1枚(厚さ1cm程度)
ナツメグ*少々
ラディッシュ適宜

*ナツメグは粒胡椒に代えてもOK。

1チーズをのせる

トムドサヴォワは幅5mm程度にスライスし、重ならないようにしながらカンパーニュの上に並べる。

2焼く

トムドサヴォワがとろりと溶けるまでオーブントースターで焼いた後、ナツメグをふりかけたら出来上がり。好みでラディッシュを。

完成

文:吉田彩乃 写真:神林 環

※この記事は技あり!dancyu「チーズ」に掲載したものです。

技あり!dancyu「チーズ」
技あり!dancyu「チーズ」
A4変型 判( 88 頁)
ISBN: 9784833477352
2018年10月30日発売 /880円(税込)
この雑誌を購入する
吉田 彩乃

吉田 彩乃 (ライター)

1986年、東京都生まれ。2015年よりフリーランスのライターとして活動し、食関連の記事のほか、ビジネス、経済、カルチャーなど幅広いジャンルで執筆。好きなものは珈琲とナチュラルワインと、ワインのつまみになるパン。