餃子の名店「您好(ニーハオ)」の餃子を習う
餃子の名店「您好」の揚餃子を習う⑤

餃子の名店「您好」の揚餃子を習う⑤

東京・幡ヶ谷にある餃子の名店「您好(ニーハオ)」に最後に習うのは“揚餃子”!あのカリッとジューシーな揚餃子は、どのようにつくられるのでしょうか?店主の野坂由郎さんにタベアルキストのマッキー牧元さんが習います。

ゆでて一晩ねかせる揚餃子のつくり方

材料材料 (8個分)

餃子8個
揚げ油適量
★ 餃子のたれ
・ 沙茶醤大さじ0.8
・ 酢大さじ2
・ 醤油大さじ3

※餃子のたれは沙茶醤0.8:酢2:醤油3の割合で混ぜたものに、長ねぎのみじん切り少々を加える。沙茶醤は台湾でよく使われる、魚や干し海老をベースにした辛味調味料。

1揚餃子の包み方

基本的なつくり方は水餃子と同じだが、店では包み方だけ変える。水餃子はひだの部分同士がくっつかないようにするのに対し、揚餃子、焼餃子は最後にぎゅっとひだをつぶしてくっつける。こうすることでひだ部分がカリッと焼けてより旨さが増すのだ。

餡を皮で包む
餡を皮で包む

2ゆでて一晩寝かせる

多めの湯を鍋に沸かし、沸騰したら餃子を入れる。餃子が浮いてきたら取り出して水分をきり、ザルに入れて一晩冷蔵庫などで保存しておく。

ゆでて一晩寝かせる
ゆでて一晩寝かせる

3揚げる

揚げ油を鍋に熱し、180℃くらいになったら②を入れる。

揚げる

4最後は強火で

色づいてきたら最後に火を少し強めてこんがりとした色をつけて完成。

最後は強火で
なんと一晩ねかせてから揚げるという手間のかかりよう。ここまで時間をかけてこその「您好」の餃子たち。一度チャレンジしてみても?
マッキーさん
「全部旨いね~」とマッキーさん。野崎さん、マッキーさん長時間ありがとうございました!

店舗情報店舗情報

您好
  • 【住所】東京都渋谷区西原2-27-4 升本酒店2階
  • 【電話番号】03-3465-0747
  • 【営業時間】17:00~23:00(L.O.)
  • 【定休日】日曜
  • 【アクセス】京王新線「幡ケ谷駅」より3分

文:マッキー牧元 写真:石井雄司

※この記事はプレジデントムック技あり!dancyu「ギョーザ」に掲載したものです。

技あり!dancyuギョーザ
技あり!dancyuギョーザ
A4変型 判( 104 頁)
2019年03月18日発売 / 880円(税込)
この本を購入する