今日、なにつくる?
つまみにも締めの一皿にも!軽やかな味わいの"カリフラワーと塩ダラのミルク煮"|サルボ恭子さんのワインが進むフレンチつまみ⑥

つまみにも締めの一皿にも!軽やかな味わいの"カリフラワーと塩ダラのミルク煮"|サルボ恭子さんのワインが進むフレンチつまみ⑥

今回ご紹介するミルク煮は、ササっとつくれる優しく温かな一皿です。「アペリティフ」とはちょっとしたおつまみでワインを飲むことを指すフランス語。そんなアペリティフにぴったりのフレンチつまみを料理家のサルボ恭子さんに教えてもらいました。

カリフラワーと塩ダラのミルク煮のつくり方

材料材料 (2~3人分)

カリフラワー小1個(340g)
タラ2切れ(甘塩)
牛乳1カップ
タイム2本
ローリエ1枚
小さじ1弱(タラの塩気により調整)

1材料を切る

カリフラワーは房も芯もまとめて2cm角にザクザクと切る。タラは一切れを3等分に切る。

2煮る

鍋に 1 のカリフラワー、牛乳、タイム、ローリエ、塩を入れて中火にかける。沸騰したら火を弱めて蓋をし、10分ほどコトコトと煮る。

3仕上げ

カリフラワーが柔らかく煮えたら、タラを入れて3分ほど煮る。

完成
カリフラワーを煮るところまで仕込んでおけば、あとは出す直前にタラに火を通すだけ。クリームを使わない、軽やかな味わいがうれしい。

教える人

サルボ恭子 料理家

サルボ恭子 料理家

パリの名門ホテル「オテル・ド・クリヨン」の厨房を経て、現在は料理教室、ケータリングなどで活躍中。フランス料理をベースに、洗練されたレシピにファンが多い。『前菜食堂』『ウマつま』など著書多数。ご主人はフランス人。

文:鹿野真砂美 写真:公文美和

※この記事の内容はdancyu2016年12月号に掲載したものです。

鹿野 真砂美

鹿野 真砂美 (ライター)

1969年東京下町生まれ。酒と食を中心に執筆するフリーライター。かつて「dancyu」本誌の編集部にも6年ほど在籍。現在は雑誌のほか、シェフや料理研究家のレシピ本の編集、執筆に携わる。料理は食べることと同じくらい、つくるのも好き。江戸前の海苔漁師だった祖父と料理上手な祖母、小料理屋を営んでいた両親のもと大きく育てられ、今は肉シェフと呼ばれるオットに肥育されながら、まだまだすくすく成長中。

  • dancyu
  • つくる
  • 今日、なにつくる?
  • つまみにも締めの一皿にも!軽やかな味わいの"カリフラワーと塩ダラのミルク煮"|サルボ恭子さんのワインが進むフレンチつまみ⑥