今日、なにつくる?
香ばしく甘じょっぱい味わいがたまらないソルトミルクティー|本当に美味しいアイスティーの入れ方⑤

香ばしく甘じょっぱい味わいがたまらないソルトミルクティー|本当に美味しいアイスティーの入れ方⑤

夏本番の季節は厳しい暑さが続き、夏バテになりがち。冷たい物で体を冷やしたくなりますが、汗で失われた塩分を摂ることも大事です。そんな夏バテ防止にぴったりの飲み物をご紹介します!

牛乳に手を加えて夏向きに

茶葉を煮立てて抽出した、濃厚なティーベースをつくっておいて、冷たい牛乳に注ぐ方法なら薄まることもない。コクがあってキレもある、圧倒的においしいアイスミルクティーが、毎回間違いなくつくれます。それをベースに、ちょこっと牛乳に手を加えて夏向きの飲料をつくってみましょう。某麦芽飲料のような香ばしさ、キャラメルを思わせる甘じょっぱさで、飲みごたえ十分。

美味しいアイスミルクティーを淹れる大西メソッド

茶葉

その1:ミルクティー用の茶葉
ミルクティーをつくるときだけは、短い時間で紅茶の成分がしっかり出る、CTCという茶葉を使う。茶葉をつぶして(Crush)、ちぎって(Tear)、丸めた(Curl)、コロコロの粒状。お薦めはアッサム。他の茶葉と違って小鍋で煮立てて使うと、ミルクに負けない味が出せる。

牛乳

大西さんがミルクティーに使うのは、低温殺菌タイプの牛乳。濃厚なイメージがあるが、「実は後味がすっきりしていて、舌に粘りつく感じがないんです」。一般的な牛乳は保存性を重視して、100°C超の高温で2~3秒殺菌するのに対し、低温殺菌タイプは60°C台で30分。殺菌効果は同等ながら、牛乳の風味が失われにくい。

夏バテ防止のソルトミルクティーの淹れ方

ティーベース

氷を入れても薄まらない、こっくりとした旨味のミルクティーに必要なのは“ティーベース”だった。紅茶の成分を凝縮させた、不思議と白濁したこのベース、冷たい牛乳に合わせれば、紅茶の存在感を失わないミルクティーが完成する。

材料材料 (つくりやすい分量)

CTC茶葉20g
200ml
牛乳100ml
きび砂糖小さじ2
ヒマラヤ塩少々

1茶葉を小鍋に入れる

水と茶葉を鍋に入れる。茶葉は水分を吸うので、100ml抽出するなら、倍の200mlの水が必要。茶葉はゼロを一つ取って20g。

茶葉を小鍋に入れる

2火にかける

火にかけるとまもなく湯気が立ち上り、鍋の中の茶葉がハタハタと動き始める。

火にかける

3煮立てる

さらに煮立てて、茶葉がこんもり盛り上がってきたらOK。すぐに煮詰まるので、目を離さないようにする。

煮立てる

4ティーベースの完成

茶漉しで漉す。目標の量よりも少なかったら、茶葉をスプーンで押して絞り取ってもいい。

ティーベースの完成
ミルクを入れたわけでもないのに、茶色く濁った濃厚なティーベース。強く抽出した紅茶は、冷えると渋み成分が結合して白く濁る「クリームダウン」を起こす。透明なストレートティーでは避けたい現象だが、ミルクティーなら心配ご無用!

5シェイカーに氷と牛乳を入れる

シェイカーを用意し、半分ほどの氷と、牛乳100mlを入れる。蓋付きの容器を活用してもよい。

シェイカーに氷と牛乳を入れる

6砂糖と塩を入れる

きび砂糖小さじ2、ヒマラヤ塩少々を入れる。ほんのり甘く、わずかにしょっぱい分量。

砂糖と塩を入れる

7シェイクする

10~15秒ほどシェイクすると、ふわふわの冷たいフォームドミルクができる。

シェイクする

8グラスに注ぐ

泡が消えないうちに、7のミルクをグラスに注ぐ。少し褐色でとろっとしている。

グラスに注ぐ

9完成

ティーベース大さじ1強を注げば(比率は3:1~4:1)、夏バテも解消できる、ソルトミルクティーの完成。

完成

教える人

大西 進 テテリア代表

大西 進 テテリア代表

24歳で喫茶店に転職して、最初の仕事はアイスティーを客席に運ぶこと。「西洋も東洋もない紅茶の世界を築きたい」と屋号を定め、茶葉販売の傍ら、著書や国内外での教室で紅茶の楽しさを伝えている。毎年テーマを一つ決め、“大西のスタイル”を突き詰めており、アイスティーについてはストローなし、細かい氷なしの現在のスタイルに到達した。

文:松野玲子 写真:牧田健太郎

※この記事の内容はdancyu2018年9月号に掲載したものです。