今日、なにつくる?
高山なおみさんの瑞々しくピリッと後を引く"生ピーマンの中華風和え物"|焼酎に合うつまみレシピ②

高山なおみさんの瑞々しくピリッと後を引く"生ピーマンの中華風和え物"|焼酎に合うつまみレシピ②

人気料理家の高山なおみさんが、中国で食べて感動した味を再現。ピーマンの瑞々しさと苦味が、無限に食べられる美味しさです。ピリッと効かせた黒胡椒もポイント。

新たな無限ピーマン現る!

焼酎を前割りしてゆる~く飲むときにつまみたい一皿。シャキシャキした歯ごたえと苦味に、たっぷりの黒胡椒が焼酎の香りとベストマッチ。自然が与えてくれるおいしさに、ついつい焼酎が進んでしまう!

生ピーマンの中華風和え物のつくり方

材料材料 (2人分)

ピーマン3個
A
・ 醤油 大さじ1/2
・ オイスターソース小さじ1/2
・ 胡麻油小さじ1/2
粗挽き黒胡椒適量

1下ごしらえ

ピーマンは縦に2等分し、種とヘタを取り除いて縦に細切りにする。

2和える

ボウルにAの材料を合わせ、1のピーマンを加える。軽くもんでなじませ、胡椒をふる。胡椒の辛味が焼酎と抜群に合うので、たっぷりと!

和える
ピーマンの繊維を壊すようにキュッキュッと汁ごともみ込む。少しもむだけで驚くほど青臭さが抜けて味がなじむ。

3盛りつける

汁ごと器に盛って完成。

完成

教える人

高山なおみ 料理家

高山なおみ 料理家

レストランのシェフを経て料理家に。『明日もいち日、ぶじ日記』(新潮社)ほか、文筆家としても活躍中。「たくさんは飲めませんがお酒は大好き」と笑顔で話す高山さん。体にじんわりとしみ込む焼酎のおいしさを再認識し、暑い日にはキーンと冷やした水割りで晩酌を楽しんでいるとのこと。

文:石出和香子 写真:上山知代子

※この記事の内容はdancyu2013年9月号に掲載したものです。