今日、なにつくる?
キレのある味わいの"フローズン抹茶"|抹茶スイーツレシピ④

キレのある味わいの"フローズン抹茶"|抹茶スイーツレシピ④

ゴクゴク飲める“フローズン抹茶”です。ベースの抹茶ミルク部分がさらりとした味わいです。濃厚な味が好きなら、生クリームをたっぷりと。

手軽に至福のスイーツを

コクがあるのにキレも感じる抹茶ミルク。まずは牛乳を凍らせ、すべてを合わせて撹拌するだけでつくれます。シャリシャリとした喉ごしに、抹茶の青い香り。どっさりとのせた生クリームを少しすくって……、至福の甘味。

抹茶の扱い 四カ条
その一  日本茶専門店の抹茶を使う
製菓用の抹茶でもいいが、日本茶専門店の抹茶でつくってみよう。価格は手頃なものでも大丈夫。抹茶独特の苦味や味わいはもちろん、鮮やかな緑色と香りは別物である。

その二  使う前に、必ずふるう
抹茶は繊維が強いのでダマになりやすい。茶漉しでふるうことで 細かな粒状になり、よりなめらかな舌ざわりになる。このひと手間が、仕上がりを格段に上等にする。面倒だからと省くなかれ。

その三  ケチらず、欲張らず、分量通りに
抹茶は贅沢品だから色がつく程度にふりかければ……、なんて大きな間違い。だからといって多すぎると苦味ばかりが前面に出る。分量をきちんと量り、最高の香りと風味を引き出そう。

その四  砂糖とよく混ぜ合わせる
抹茶を水に溶かすには茶せんが便利だが、なくても大丈夫。あらかじめ砂糖と合わせることによって、抹茶が溶けやすい状態に。ダマになりにくく、菓子づくりがスムーズになる。

フローズン抹茶のつくり方

材料 材料 (2人分)

抹茶 小さじ2
砂糖 小さじ4
牛乳 300ml(氷用200ml+撹拌用100ml)
A
・ 生クリーム 100ml
・ 砂糖 10g

1“牛乳氷”をつくる

牛乳200mlを製氷皿で凍らせる。普通サイズの製氷皿一枚分が約200ml。

“牛乳氷”をつくる

2生クリームを泡立てる

Aをボウルに入れ、氷水に当てながら泡立て器でしっかり角が立つまで(九分立て)、泡立てる。

3抹茶を溶かす

抹茶に砂糖を加えてよく混ぜ合わせ、湯20mlを加えて溶かす。

4仕上げ

ミキサーに1と牛乳100ml、3を入れて撹拌する。グラスに注ぎ、2をたっぷりのせる。

仕上げ
仕上げ

教える人

飯塚有紀子

飯塚有紀子 料理研究家

料理研究家。グラフィックデザイナー。お菓子教室un pur…(アンピュール) 主宰。老舗和菓子店のメニュー開発やパッケージデザインまで、多岐にわたって活躍。著書に『やさしいお菓子(』雷鳥社)など。

文:石出和香子 写真:福尾美雪

※この記事の内容はdancyu2014年6月号に掲載したものです。