今日、なにつくる?
とろりとした舌触りの"カラメルフレンチトースト"|春のたまご料理⑦

とろりとした舌触りの"カラメルフレンチトースト"|春のたまご料理⑦

湯島にある「自家焙煎珈琲 みじんこ」では、ありふれた材料でつくるにもかかわらず、これ以上ないご馳走と化したフレンチトーストが味わえる。

とろりの秘密は甘酒

なんでもない材料で、特別なご馳走ができるという奇跡に、湯島で出会った。卵やパンなどは、ごく普通のものでいい。パンを切って、卵液に10分浸して、フライパンで焼くだけ。とはいえ、もちろんそれだけじゃない。みんなが驚くマジックにはタネも仕掛けもちゃんとあり、このフレンチトーストの場合は大さじ1杯の“甘酒”。チーフパティシエの近藤さつきさんが、自然な甘さを探し求めた結果見つけた隠し味だ。しかも甘さ以外にも、生地に柔らかいとろみが出るといううれしいおまけ付き。洋風スイーツを日本の伝統食品が格上げしているなんて、ご近所の天神様もきっと大喜びに違いない。
さらに、生地を魅力的に仕上げるのは甘さだけじゃない。ぎりぎりまで焦がして攻め切った、カラメルのビターな香ばしさをまとわせることが不可欠。攻めたカラメルなんてプロの技という気もするが、鉄製のフライパンなら簡単。砂糖を入れて中火にかけ、焦げるまで触らずにじっと待つのが肝心。
ちなみに近藤さんが家で愛用しているのは、家具量販店で売っている手頃な価格のスキレット。求めよ、さらばなんじにも、フレンチトーストの奇跡が与えられん!

カラメルフレンチトーストのつくり方

材料材料 (1人分)

フランスパン※2枚(バタールなど太めのもの)
バター適宜(食塩不使用)
砂糖大さじ1
★ 卵液
・ 卵黄2個分
・ 砂糖大さじ1
・ 甘酒大さじ1(市販の濃縮タイプ)
・ 牛乳100ml
・ バニラエクストラクト※22g
★ カラメルシロップ
・ 砂糖100g
・ 熱湯100ml

※1 厚さ3cmに切る。冷凍しておけば、いつでもつくれて便利。
※2 バニラビーンズをアルコールに漬けて香りを抽出したもので、たまご臭さを消してくれる。バニラエッセンスやバニラオイル2滴でも可。

1カラメルシロップをつくる

小鍋で砂糖を中火にかけて溶かす(ヘラなどでいじらないこと)。時々鍋を振り、醤油くらいの焦げ色がついたら火を止め、熱湯を少しずつ加える。カラメルが跳ねるので、ザルを鍋にのせた上から湯を加えると安全だ。泡立て器で底から軽くかき混ぜたら完成。

カラメルシロップをつくる

2卵液をつくる

卵液の材料をすべてボウルに入れ、泡立て器で混ぜ合わせる。

卵液をつくる

3パンの水分を飛ばす

フランスパンを電子レンジ(600W)で30秒加熱する(冷凍の場合50秒)。

パンの水分を飛ばす

4パンに卵液をつける

2の卵液にフランスパンを浸す。片面5分ずつが目安。

パンに卵液をつける

5バターと砂糖を火にかける

フライパンにバターを薄くのばし、砂糖を満遍なく敷いて中火にかける。

バターと砂糖を火にかける

6カラメリゼする

2~4分ほどして、軽く煙が上がり香ばしい香りがしてくるまでカラメリゼする。

カラメリゼする

7パンを焼く

4をフライパンに並べ、残った卵液をかける。弱火でじっくり、片面2分ずつ焼く。

パンを焼く

8仕上げ

こんがり焼き色がつけば完成。お好みでカラメルシロップをかけて召し上がれ。

仕上げ

文:馬田草織 写真:公文美和

店舗情報店舗情報

自家焙煎珈琲 みじんこ
  • 【住所】東京都文京区湯島2‐9‐10 湯島三組ビル
  • 【電話番号】03‐6240‐1429
  • 【営業時間】11:00~20:00(L.O.)、土日祝は~19:15(L.O.)
  • 【定休日】火曜
  • 【アクセス】JRほか「御茶ノ水駅」より8分、東京メトロ「湯島駅」より7分。

※この記事の内容はdancyu2017年4月号に掲載したものです。