今日、なにつくる?
シュワシュワジューシーな"タイ式たまご焼き"|春のたまご料理④

シュワシュワジューシーな"タイ式たまご焼き"|春のたまご料理④

東京・西荻窪にあるタイ料理店「ぷあん」を営むレノーさんに教わったのは、軽やかで香り高いたまご焼き。ご飯に乗せて丼にするのもお薦めです。

カリふわ。ご飯が進む大人気おかず。

のっぺりした風貌からは想像しがたいけれど、噛めばふかふかシュワシュワ。なんだかジューシー。タイ料理好きが集う「ぷあん」のたまご焼きは、そんな食感が魅力。軽やかなのだ。
「それがタイ式の特徴ね」
厨房で腕を振るうチェンマイ出身の広戸レノーさんは微笑みながら、タイのたまご焼きの正体をあれこれ教えてくれた。本名は、カイヂャオ・ムーサップ。家庭料理の王道であり、街中にあふれる屋台でもおなじみの顔なんだとか。味つけはナムプラー、具材は豚肉のみが定番である。レノーさんのレシピは、そこへひとひねり。
「私はパクチーも混ぜています。だから香りがとてもいいんです」
なんてテンションの上がるシンプルな組み合わせなのだろう。「材料を混ぜて焼くだけ」という簡単さもいい。
ではレノーさん、タイ式ならでの食感に仕上げる秘訣は?
「多めの油で揚げ焼きにすることよ」たまごは油を吸うからなるべく控えたいと思う方も、ひるまず分量の油を使ってください。強火で油をしっかり熱してから卵液を注ぎ、レシピに倣って徐々に火力を弱めながら焼きましょう。そうすれば、油の力で理想的なふかふか食感に豚肉の旨味とパクチー特有の香りを包み込んだたまご焼きは、優しくもあり力強くもある。悩ましいほどにビールもご飯も進む。
定番メニュー入りは確実です!

タイ式卵焼きのつくり方

材料 材料 (1人分)

2個
豚バラ肉 35g
パクチー 5枝
にんにく 1片
A
・ ナムプラー 小さじ1弱
・ レモン汁 少々
・ 白胡椒 少々
サラダ油 大さじ3
チリソース 適量

1材料をボウルに入れる

豚肉は幅5mmに切る。パクチーはざく切りにする。ボウルに卵を割り入れ、豚肉、パクチー、Aを加える。

材料をボウルに入れる

2材料を混ぜる

フォークを使って泡立つまでしっかりと混ぜる。にんにくは粗みじんに切っておく。

材料を混ぜる

3フライパンに流し入れる

フライパンに油をひいて強火で熱し、にんにくを入れる。うっすら色づいたら2の卵液を一気に流し入れる。

フライパンに流し入れる

4両面を焼く

菜箸で大きくひと混ぜしたら中火にする。卵の外側がふつふつと泡立つくらいの火加減を保ちながら待つこと2~3分。底面がおいしそうなきつね色に焼けたらひっくり返す。

両面を焼く

5仕上げ

弱火にしてさらに2分ほど焼く。豚肉に火が通れば出来上がり。器に盛り、好みでトマト、パクチー(ともに分量外)を添える。チリソースをつけて食べる。

仕上げ

文:安井洋子 写真:平松唯加子

店舗情報店舗情報

ぷあん
  • 【住所】東京都杉並区西荻南2‐24‐1
  • 【電話番号】03‐5346‐1699
  • 【営業時間】12:00~15:00、18:00~22:00(L.O.)
  • 【定休日】月曜不定休あり
  • 【アクセス】JR「西荻窪駅」南口より3分。

※この記事の内容はdancyu2017年4月号に掲載したものです。