今日、なにつくる?
酒の肴に最適の"卵黄の醤油漬け"|春のたまご料理③

酒の肴に最適の"卵黄の醤油漬け"|春のたまご料理③

両国の角打ち居酒屋「東京商店」の人気メニュー“卵黄の醤油漬け”は、少し燗をした日本酒にぴったりの一品!

冷凍するとまん丸に

ころ~んとしたフォルム、可愛い黄色。「ラブリー」という言葉がこれほど似合うたまご料理があるだろうか。くちゅっと一口、ぬる燗をくいっ。醤油の香りが鼻を抜け、濃厚な黄身がまったり溶けていく。むはー、たまごよ、凍らせてたれに漬けただけで君はこんなにドレスアップするのか。ちまちまつまんでいたのにもう完食。えへ、もう一個♪
2016年11月にできた両国の角打ち「東京商店」の一番人気メニューである。3種300円ぽっきりのつまみは6種から選べるが、あまりのおいしさにハマる人続出、「3個ともたまご派」という熱烈ラヴァーまでも。考案者の塩川慶太さん曰く「試作中に冷蔵庫で偶然凍ったたまごを使ってみたら、これが大成功」。まさに失敗は成功の母。普通の醤油漬けの平べったい黄身とは違い、立体的な姿が印象的。「可愛くて豪勢」な名作つまみが誕生した。
冷凍するとピンポン球のように黄身がぷっくり盛り上がり、化学実験をしているようで楽しい。2日目は濃厚さが増してねっとり系珍味に。冷や奴やサラダにのせるもよし、おにぎりの具にもよし。常備したい、デキるたまご料理だ。

卵黄の醤油漬けのつくり方

材料材料 (5個分)

5個(Mサイズ)
味醂80ml
醤油80ml
昆布5cm四方

1卵を冷凍する

卵は殻のまま、一日以上冷凍する。必ず殻が割れるので、庫内が汚れないようにパックごと入れるか、ファスナー付き保存袋に入れて冷凍するといい。

卵を冷凍する

2解凍する

室温なら半日(冷蔵庫なら一日)かけて解凍する。解凍の目安は、割ったとき黄身と白身がしっかり分離している状態。黄身がまだ凍っていても漬けてしまってOK。

解凍する

3漬けだれをつくる

まず、味醂を入れた鍋を火にかけ、アルコール分をとばす(500Wの電子レンジで2分ほど加熱してもよい)。醤油と昆布を加えて冷まし、保存容器に入れる。醤油と味醂に昆布をプラスすることで、風味がついておいしく仕上がる。漬けだれは昆布系の麺つゆで代用も可。

漬けだれをつくる

4黄身を漬ける

解凍した卵を割り、白身とカラザを取り除く。黄身だけを3に漬ける。冷蔵庫で一日置けば完成。時々容器ごと卵を転がし、均一に漬けだれに浸かるようにする。完成から2日以内に食べきる。

黄身を漬ける

文:森本亮子 写真:小林キユウ

店舗情報店舗情報

東京商店
  • 【住所】東京都墨田区横網1‐3‐20 両国江戸NOREN1階
  • 【電話番号】03‐5637‐8262
  • 【営業時間】11:00~23:00
  • 【定休日】無休
  • 【アクセス】JR「両国駅」西口より1分

※この記事の内容はdancyu2017年4月号に掲載したものです。