今日、なにつくる?
グリーンアスパラの鮮やかパスタ|「オステリア・デッロ・スクード」のパスタレシピ①

グリーンアスパラの鮮やかパスタ|「オステリア・デッロ・スクード」のパスタレシピ①

だんだんと暖かくなり、春の野菜が美味しくなってくるこの季節。春の味を満喫する料理を、イタリア料理店「オステリア・デッロ・スクード」のオーナーシェフである小池教之さんに教わりました。

すべての要素が、アスパラを生かす脇役

パスタを噛むたびに立ち上るアスパラの青くほろ苦い風味が、咀嚼の快感ボルテージを上げる。これはもしや、ジェノベーゼを超える名品になるかも。「パスタ料理は、具材を味わうのではなく、パスタ自体を噛みしめるためにソースがあるのです」と言わしめる小池シェフの真骨頂。

グリーンアスパラガスパスタのつくり方

材料

材料材料 (1~2人分)

リングイネ100g
グリーンアスパラガス10本
E.V.オリーブオイル適量
パルミジャーノ・レッジャーノ適量(すりおろす)
バジルの葉5~6枚
バター10g

1アスパラの下準備

アスパラガスは、ぺティナイフなどでハカマを取り、ピーラーで硬い部分の皮をむく。塩少々(分量外)を入れた湯で、くたっとするまでゆがく。

2ミキサーにかける

ゆがいたアスパラガスをミキサーにかける。途中、E.V.オリーブオイルを適宜加えて、なめらかなペースト状にしたら、ザルなどで漉して、繊維など口に当たる部分を取り除く。

ペースト

3パスタをゆでる

鍋に2Lの湯を沸かし、塩20g(分量外)を加えてパスタを投入。表示時間より2分短めにタイマーをかける。

パスタ

4ソースをつくる

下準備したペーストに、隠し味のバジルの葉を加えてミキサーにかける。色が変わるので使う直前に。

ソース

5フライパンにバターを溶かす。

フライパンにパスタのゆで汁レードル2杯(約140ml)とバターを入れ、よく溶かす。

バターを溶かす

6パスタをからめる

ゆで上がったパスタを入れたら、4のペーストをレードル1杯からめ合わせ、パルミジャーノ(ひとつかみ)を回しかけ、フライパンをあおりながら手早く混ぜる。仕上げにE.V.オリーブオイルをひと回しする。

パスタをからめる

7盛りつけ

皿に盛り、好みでパルミジャーノ・レッジャーノをふりかける。

店舗情報店舗情報

Osteria dello Scudo
  • 【住所】東京都新宿区若葉1‐1‐19
  • 【電話番号】03‐6380‐1922
  • 【営業時間】18:00~21:30(L.O.)
  • 【定休日】日曜 ほかに1日
  • 【アクセス】東京メトロ「四谷三丁目駅」より5分

文:柴田香織 写真:邑口京一郎

※この記事の内容はdancyu2018年5月号に掲載したものです。