dancyuのムック
コスパ最強の調理道具。それは、中華鍋!

コスパ最強の調理道具。それは、中華鍋!

世の中、便利な調理道具がどんどんでてきて、選ぶのも楽しいですよね。でも、そこで改めて見直してほしいのが、中華鍋。炒める、揚げる、燻すなど調理法も万能な上、すごく長持ちするんです。

毎日使うからこそ、長く使える調理道具を

ムック表紙
ムック目次

夏野菜をたっぷり使って、暑さに負けない体をつくりたい。でも、もう本当に暑いときは、できるだけ加熱時間は短い料理がいいですよね。
『四季dancyu 夏の台所。』は、そんな要望にこたえるレシピ集。今回おすすめの道具として、中華鍋を紹介しています。中華鍋、熱そう(暑そう)に思えますが、火を使うのが短時間で済むので、実は夏にもお薦めなのです。

中華鍋を買ったら、最初だけ準備が必要です

多くの中華鍋は、鉄製。さびないように表面に加工がされているものが多いので、使い始めはまず中華鍋に水をたっぷりわかして、しばらく強火にして沸騰させます。水を入れ替えてそれを2回くりかえしてください。
多くの中華鍋は、鉄製。さびないように表面に加工がされているものが多いので、使い始めはまず中華鍋に水をたっぷりわかして、しばらく強火にして沸騰させます。水を入れ替えてそれを2回くりかえしてください。
次に、鍋に油をしみこませます。油を大さじ3程度入れて中火にかけ、キャベツの外葉や長ねぎの青い部分などのくず野菜を炒めます。混ぜながら全体に油をなじませて。野菜が少し焦げるくらいまで炒めれば、準備OKです。
次に、鍋に油をしみこませます。油を大さじ3程度入れて中火にかけ、キャベツの外葉や長ねぎの青い部分などのくず野菜を炒めます。混ぜながら全体に油をなじませて。野菜が少し焦げるくらいまで炒めれば、準備OKです。
準備万端の中華鍋。27~30cmくらいのものがお薦め。家庭の火力ならあおる必要もないので、女性でも十分使いこなせます。持ち手があまり太くないものが使いやすいです。
準備万端の中華鍋。27~30cmくらいのものがお薦め。家庭の火力ならあおる必要もないので、女性でも十分使いこなせます。持ち手があまり太くないものが使いやすいです。

最初に処理をすれば、日々のお手入れは楽ちん。使った後は洗剤は使わずに、たわしなどでさっと水で洗ってよごれを落とすだけ。火にかけて水分を蒸発させるのも、せっかくしみこんだ油がとぶのでNGです。これを続けていれば、半永久的に使える優れもの。今回レシピを紹介してくれた大庭英子先生の中華鍋は、もう20年以上使っているそう。価格も3,000~5,000円程度で、こんなに長持ちする調理道具もそうそうないはず。しかも、ただの野菜炒めも中華鍋でつくると素材がシャキッとして、ご馳走になるんです。使いこなさないのはもったいない!
さぁ、ではさっそくチンジャオロースーに挑戦しましょう。

青椒牛肉絲(チンジャオロースー)

材料 材料 (2人分)

ピーマン 5個
赤ピーマン 1個
長ねぎ 10cm
牛肉 150g(赤身焼き肉用)
片栗粉 大さじ1(牛肉用)
にんにく 1かけ
赤唐辛子 1本
サラダ油 大さじ2
大さじ1
オイスターソース 大さじ1と1/2
醤油 大さじ1
胡椒 少々

1 野菜を切る

ピーマン、赤ピーマンは縦半分に切ってへたと種を取り、幅5~6mmの斜め切りにする。ねぎは縦半分に切ってから幅5mmの斜め切りにする。にんにくは縦半分に切る。赤唐辛子は斜め半分に切って種を取る。

2 牛肉を切る

牛肉は幅5mmに切ってボウルに入れる。

3 ピーマンを炒める

中華鍋にサラダ油大さじ1を熱してピーマン、赤ピーマンを入れ、強火で少ししんなりするまで炒めて取り出す。

ピーマンの食感を残すために強火で手早くピーマンを炒め、いったん取り出しておきます。
ピーマンの食感を残すために強火で手早くピーマンを炒め、いったん取り出しておきます。

4 にんにく、赤唐辛子を入れる

続けてサラダ油大さじ1、にんにくを入れて弱火で香りよく熱して、赤唐辛子を入れる。

5 牛肉に片栗粉をまぶして入れる

牛肉に片栗粉をまぶして入れ、中火でほぐすようにして炒め、肉の色が変わったら酒から順に調味料を加えて混ぜる。

肉は炒め過ぎないように気をつけ、全体に色が変わるまで炒めて。
肉は炒め過ぎないように気をつけ、全体に色が変わるまで炒めて。

6 ピーマンを中華鍋に戻して仕上げる

ピーマンを戻し入れて炒め合わせ、最後にねぎを加えてひと炒めして、器に盛る。

ピーマンを戻し入れたら、全体を大きく混ぜながら仕上げます。
ピーマンを戻し入れたら、全体を大きく混ぜながら仕上げます。

教えてくれた人

大庭英子

大庭英子

シンプルながら失敗なくつくれるレシピに定評がある料理研究家。特別な素材、調味料は使わず、余分な手間はそぎ落とした“引き算の料理”が身上。『夏の台所。』では中華鍋を使った簡単燻製やなすの挽肉挟み揚げ、ガパオライスなど18品をつくってくれました。

四季dancyu 夏の台所。
四季dancyu 夏の台所。
A4変型判(120頁)
ISBN:9784833477925
2019年06月13日発売 /1,080円(税込)
この雑誌を購入する

写真:原ヒデトシ/野口健志