食のお悩み相談室
油は「しく」?「ひく」?|食のお悩み相談室⑥

油は「しく」?「ひく」?|食のお悩み相談室⑥

レシピ用語、正解はどっち?好き嫌いがひどい、料理が下手、メニューを決められない、食べ過ぎる……。dancyu編集長・植野が、食いしん坊倶楽部会員のあらゆる「食の悩み」にお答えします。

レシピによって違うのですが……。

しんちゃんの質問
レシピを読んでいると、フライパンに油を「しく」と「ひく」とが出てきます。どう違うのでしょうか?

油を「ひき」、ペーパーを「しく」が正解

編集長・植野の回答

いま、近くいる若手編集部員に聞いてみました。「油は『しく』?『ひく』?」。5秒ほどの間の後に「……油はひく、ものですよね……」「なぜ?」「『しく』は、なんかシートみたいなやつを広げる感じじゃないですか……」。
という曖昧な会話でもわかるように、「しく・ひく」問題は意外に明確に認知されていないのですが、「しく」ではなく「ひく」が正しいのです(若手編集部員は自信なさげでしたが一応、正解です)。

NHK放送文化研究所のサイトには以下のような説明があります。
「まずシクについて考えてみると、この動詞には「あるものを平べったくなるように置く」という意味があります(布団をシク)。また、「敷設する」という意味もあります(鉄道をシク)。いっぽうヒクには、「ひっぱる」を中心としていろいろな意味があり、そのなかに「引き延ばすようにして一面に塗る」(油をヒク)や、「あるものを引き込むように導き入れる」(電気・水道をヒク)というものもあります。」

イメージするなら、フライパンに油を「ひき」、それを拭きとるためにクッキングペーパーを「しく」、といった感じですね(これでも覚えにくいかもしれませんが)。

レシピによって混在とのご指摘でしたが、「しく」と書いてあるものは誤りです(dancyuではないと思いますが……)。

レシピだけではないのですが、我々編集者は内容や文字に誤りがないように何度も校正を通し、担当者、特集キャップ、デスク、編集長が確認したうえで制作を進めます。ただ、それでも表記の誤りを見過ごしてしまうことがあります。読者からご指摘いただくことも多く、深く反省するのですが、大きすぎる間違いは意外に気付かれないのかもしれません。

かつて、僕が担当した餃子の本で、レシピの材料に「豚バラ肉500kg、豚肩ロース500kg」と記載したまま発行してしまいました。「餃子1トンかよ!」というツッコミも、ご指摘もありませんでした。みなさん、餃子だから「500g」(これでも多いのですが)と自然に読み替えていただいたのだと思います。本当に申し訳ありませんでした!

イラスト:横山寛多

▼食いしん坊倶楽部へ入部して、質問を送ろう!

食いしん坊俱楽部

入部方法
「PRESIDENT ID」(※1)をお持ちの方は、ログインのうえ、ご登録ください。
「PRESDIENT ID」をお持ちでない方は、取得のうえ、食いしん坊俱楽部にご登録ください。
(※1)dancyuのwebサイト、プレジデントオンラインなどで会員登録をされた方に付与されています。
無料会員登録 / ログイン