「あゆみ食堂」が諏訪に移住した理由。
「あゆみ食堂」開店物語。

「あゆみ食堂」開店物語。

初めてのランチ営業を終えた「あゆみ食堂」。これからは諏訪の町に寄り添いながら、日々を営んで行く。大塩あゆみさんが、この地で店を開くまでに歩んだ仲間たちとの物語。

私はどこへ行き着くのだろう。

「あゆみ食堂」の移住計画は、仲間との出会いから始まった。
東京で暮らす大塩あゆみさんは、友人が開いた絵の展示会で料理を振る舞った。そのときに、当時ゲストハウスで働いていた東野華南子さんが訪れた。華南子さんは、あゆみさんの料理を食べてすぐに気に入ったという。自身の結婚式でも、あゆみさんに出張料理を依頼するほどだった。

店内
2019年の秋、諏訪市にオープンした「あゆみ食堂」。

「あの頃は料理研究家としてまだ駆け出しで、仕事に追われるような毎日でした」と、あゆみさんは振り返る。
ある日、展示に呼んでくれた友人から連絡が入る。
「華南子さんが旦那さんと立ち上げた『リビルディングセンター』で展示をやるから、料理をつくりにきてくれない?」
「リビルディングセンター」の噂は耳にしていたが、なかなか訪ねる時間をつくれていなかった。空家を解体したときに出る古材を活かして、古い物件をリノベーションするのが仕事だという。キッカケを与えてくれた友人に感謝をしながら長野県諏訪市を訪ねると、雄大な山々と広大な空があゆみさんを待っていた。
「リビルディングセンター」で出会う人たちは、穏やかながらも自分の指針が定まっていて刺激的な人ばかり。諏訪市で過ごす時間は、あゆみさんにとって心惹かれるものだった。

料理
オープン後も試行錯誤は続き、ワンプレートのランチメニューも登場。変化を遂げている。
デザート
諏訪での生活にも慣れてきて、デザートや焼菓子も提供する余裕ができてきたそうだ。

その後、三ヶ月に一度「リビルディングセンター」で出張料理をするようになったあゆみさん。
知り合いも増えて、土地の空気が体に馴染んできたころ、こんな言葉をかけられる。
「諏訪でお店をやってみれば?」
東京に帰っても、その言葉が妙に頭に残った。
このまま都会の流れにいて、私はどこへ行き着くのだろう。そう思っていた矢先のことだった。

あゆみさん
「諏訪での生活は、一日の時間がゆっくり流れているように感じます」

「諏訪で食堂を開こうと思うの」

諏訪で店を開くとなっても、不安に思うこともたくさんある。
気に入る物件はあるのだろうか。仕事として成り立つのだろうか。開業資金を返し続けるだけの生活になってしまうのではないだろうか。
あゆみさんの中で自問自答が繰り返された。
悩んでいてもしょうがない。まずは、開店準備を進めてみよう。自分にとってよくない選択だったら、障害にぶち当たって頓挫するはずだ。

調理の様子
オープンしてから変わらないのは、顔や想いが見える人の力を借りながら店を営んでいくということ。

「諏訪で食堂を開こうと思うの」
そう周囲の人たちに打ち明けると、胸に抱えた不安な気持ちとは違った反応が返ってきた。
「いいね!」
「諏訪に行ったら、もっと料理が良くなりそう」
「手伝えることがあれば、なんでも言って!」
自分以上に乗り気な友人たちをみていると、なんだか自信が湧いてきた。
「リビルディングセンター」の華南子さんは、自分たちが営んでいるカフェの売り上げを惜しげもなく教えてくれて、物件探しもしてくれた。

下見の様子
「あゆみ食堂」のリノベーションを手掛けた「リビルディングセンター」のスタッフたちとは、家族のように付き合っている。

それから、約一年。
目まぐるしい勢いで進んだ「あゆみ食堂」の移住計画は、初営業の日を迎えた。
看板を出すと同時に、開店を待ち望んでいた人たちがあゆみさんに祝福の言葉を投げかけた。

花
オープン日、祝福の言葉を添えた花が次々と送られてきた。

開店から半年。
「あゆみ食堂」は少しずつ料理や営業のスタイルを変えながら、諏訪の人たちとの繋がりを深めているという。
面白いことに、都内に住む友人たちが月に2~3人は訪ねてくるので、東京で暮らしていたときよりも会っているそうだ。

客
訪れた人が笑顔になる料理を志す「あゆみ食堂」。

「これからは、この町のひとつの選択肢に、『あゆみ食堂』がなれればと思ってます。いろんな店がそれぞれの役割を担って、ひとつの町をつくってる。その中のひとつに私の店も加われたら嬉しいです」
あゆみさんは満たされた笑顔でそう語った。

あゆみさん
諏訪市で新しい一歩を踏み出したあゆみさん。弁当の注文なども増え、充実した毎日を過ごしているそうだ。

――おわり。

店舗情報店舗情報

あゆみ食堂
  • 【住所】長野県諏訪市元町5‐12
  • 【電話番号】0266‐75‐2720
  • 【営業時間】12:00~14:00(L.O.)、土、日は夜の営業もあり(完全予約制)
  • 【定休日】水曜、木曜、金曜
  • 【アクセス】JR「上諏訪駅」より10分

文:河野大治朗 写真:阪本勇

「あゆみ食堂」開店物語。

河野 大治朗(編集者)

2018年9月「塚田農場 浅草店」店長から、dancyuのweb編集部で働きはじめる。自分の好奇心を大切に、気になることはやってみる。大好きな食の魅力を伝える編集者になるため修行中。特技は羊の解体。趣味はきのこ狩り。