「Shinfula」10個のケーキ。
スーパーストロベリーショートケーキ |「Shinfula」のケーキ④。

スーパーストロベリーショートケーキ |「Shinfula」のケーキ④。

イチゴのショートケーキは星の数ほどあれど、「Shinfula」のショートケーキはひと味違う。なにしろ、名前に”スーパー”がついている。中野慎太郎シェフが惚れ込んだイチゴのためにつくったケーキだという。情熱と閃きが生んだ”スーパー”なケーキのこと。

ひと口食べればわかる。スーパーなケーキなのだ。

通称“SSC”。スーパーストロベリーショートケーキの意味(シンフラストロベリーショートケーキともとれますが)だそうで、スーパーな理由は真っ赤なイチゴにある。
中野シェフ曰く「北海道の無農薬イチゴ“さがほのか”を使っています。このイチゴを一番おいしく食べてもらいたい、そう思ってつくったショートケーキです」。

ケーキの断面
「SSC」550円。北海道十勝産の無農薬イチゴ”さがほのか”がたっぷり。上部の生クリームの間にはイチゴジャム、スポンジの間にはイチゴのシロップが仕込まれている。

イチゴは丸ごとがぶっと食べて欲しいからと、敢えてカットせずに使用。
かぶりつくと中からジュワっと溢れ出るジュースと生クリームのマリアージュは、もぎたてのイチゴに練乳をかけて食べたときの味をイメージしたという。

ケーキ
イチゴのショートケーキは、ホールでも買うことができる。贅沢に敷き詰めたイチゴの上に、マカロンと”さがほのか”が飾られる。
中野シェフ
「”さがほのか”は酸味が穏やかで、甘い果汁をたっぷりと含んだジューシーなイチゴです。形はコロッとしていて、小さめなサイズなので可愛らしいですよね」

生クリームは乳脂50%のスーパーフレッシュクリームを用い、濃厚で豊かな乳風味を演出。それだけでは油脂感が強すぎて、せっかくのイチゴの風味を殺してしまうからと、植物性の生クリームを少しだけ加え、後味の軽さを表現している。
小粒でやや丸っこいイチゴが整然とスポンジに挟まれて並ぶ様子は、まるでフレジエのよう。口にすれば、イチゴの風味が爽やかに広がり、その酸味を生クリームの味わいが包みこむ。生クリームの滑らかさ、柔らかな甘味が”さがほのか”と一体となり、ファンタスティックな味わいを生み出している。

――明日へつづく。

店舗情報店舗情報

Shinfula
  • 【住所】埼玉県志木市幸町3-4-50
  • 【電話番号】048-485-9841
  • 【営業時間】11:00~19:00
  • 【定休日】月曜、不定休
  • 【アクセス】東武東上線「志木駅」より16分

文:森脇慶子 写真:馬場敬子

keiko_moriwaki_.jpg

森脇 慶子(ライター)

高校時代、ケーキ屋巡りとケーキづくりにハマってから食べ歩きが習慣となり、初代アンノン族に。大学卒業後、サンケイリビング新聞社で働き始めたものの、早々に辞めて、23歳でフリーとなり、食専門のライターとして今に至る。美味しいものには目がなく、中でも鮎、フカヒレ、蕎麦、スープをこよなく愛している。