王道のうまさ! こだわり酒場のレモンサワーの素とうまいおつまみ

王道のうまさ! こだわり酒場のレモンサワーの素とうまいおつまみ

  • Sponsored by サントリースピリッツ

「こだわり酒場のレモンサワーの素」は厳選したレモンをまるごと漬け込んでレモンのおいしさを封じ込めたまさに、王道のうまさ! 今宵の晩酌は、少しアレンジしてつくったおいしいレモンサワーとぴったりのおつまみで一杯やろう!

MAXレモレモンサワー×厚切り豚肩ロースの唐揚げ

初夏が訪れ、服装も少しずつ薄着になる日が増えてきた。気持ちまで陽気になってきて、仕事帰りの足取りは今日も軽い。それは、家での愉しい晩酌が待っているからにほかならない。

最近の晩酌は「こだわり酒場のレモンサワーの素<濃い旨>」でつくる“MAXレモレモンサワー”と決めている。果実まるごと仕込みの圧倒的なレモン感は気分爽快。さらにどんな料理にも好相性で、目下、最高のおつまみを研究中だ。

今日の肴は豚肩ロースの唐揚げ。うまみの強い豚肉をカリッと揚げて、香ばしさとジューシーさの両立を狙う。揚がったら大きめにカットし、にんにくを効かせたソースをたっぷりかけて完成だ。

熱々でにんにくの効いた唐揚げを頬張り、MAXレモレモンサワーを一口飲むと、溢れんばかりのレモン味に豚肉のうまみが見事に調和しつつ後味もさっぱりだ。熱々とキンキンの温度差のギャップも爽快。サワーと料理が、互いを引き立て合う極上の組み合わせ。もはや、わが家は名酒場だ。

MAXレモレモンサワーのつくり方
こだわり酒場のレモンサワーの素<濃い旨>
炭酸水(レモン味)
冷凍カットレモン

氷の代わりに冷凍カットレモンを好きなだけグラスいっぱいに入れる。「こだわり酒場のレモンサワーの素」1に対して、炭酸水(レモン味)3の割合で割るだけ!
料理とグラス
うまみの強い豚肩ロースに、薄力粉と片栗粉の衣で香ばしさをプラス。醤油をベースにしたにんにくソースを合わせれば、力強いMAXレモレモンサワーと互角の存在感を持つ厚切りの唐揚げが完成。食べごたえある豚肉が、レモンの酸味とベストマッチ。

“厚切り豚肩ロースの唐揚げ にんにくソース”のつくり方

材料材料 (2人分)

豚肩ロース厚切り2枚(250g)
なす1本
にんにく2片
大葉5枚
片栗粉適量
適量
胡椒 適量
揚げ油適量
★ 衣
・ 薄力粉大さじ3
・ 片栗粉大さじ1.5
・ 水大さじ3
A
・ 醤油大さじ1.5
・ 酒大さじ1.5
・ 酢大さじ1.5
・ 砂糖大さじ1/2
・ 唐辛子1/2本分

1下ごしらえをする

なすは乱切りに、にんにくは厚めの輪切り、大葉は太めの千切りにする。衣の材料を混ぜ合わせておく。

2にんにくソースをつくる

酢以外の(A)を小鍋にかけ、沸騰後、火を止めて酢を加える。油げ鍋(小さめのフライパンでも可)に3cmほどの揚げ油を注ぎ、1のにんにくを加えて180℃に熱し、にんにくに色がつくまで揚がったら、油を切って(A)に加える。

3衣をつける

豚肉は1枚ごと塩胡椒で下味をつけ、片栗粉を軽くまぶす。衣にくぐらせ、全体に衣をつける。

4揚げる

2で残った揚げ油で衣がカリっとなるまで(180℃で約4分)揚げ、なすは素揚げする。揚がった豚肉は一口大にカット、素揚げしたなすとともに皿に盛り付け。2のにんにくソースをかけ、千切りした大葉を散らして完成。

酒場のレモンサワーを自宅で手軽に再現!

「こだわり酒場のレモンサワーの素」
「こだわり酒場のレモンサワーの素」
厳選レモンをまるごと漬け込み、複数の原料酒でレモンの味わいを引き立てる黄金比率ブレンド。こだわりの製法で、レモンありのままのおいしさとお酒のうまみを絶妙に両立させる。
希望小売価格:715円(税込)
容量:500㎖

お問い合わせ情報お問い合わせ情報

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転

文:鴫原夏樹 撮影:大谷次郎 料理協力:茂庭 翠

  • dancyu
  • つくる
  • 王道のうまさ! こだわり酒場のレモンサワーの素とうまいおつまみ