秋の味覚を楽しむレシピ
こっくり旨い"栗と牛の赤ワイン煮"

こっくり旨い"栗と牛の赤ワイン煮"

秋の食材を上手に使いこなして、食卓を飾りたい。でもなかなか使いこなすのが難しい栗を使った料理を、料理研究家の重信初江さんに教わります。食卓がぐっと秋らしく、華やかになるレシピをご紹介します!

“栗と牛の赤ワイン煮”のつくり方

材料材料 (4人分)

12個
牛肉600g(肩ロース、バラなどのシチュー用)
A
・ 塩小さじ1/4
・ 胡椒少々
玉ねぎ1個
マッシュルーム1パック(5~6個)
小麦粉大さじ2
サラダ油大さじ1/2
バター20g
赤ワイン2カップ
B
・ ローリエ1枚
・ 水2カップ
・ デミグラスソース1袋(50g)
・ 塩小さじ1/2
・ 胡椒少々

1栗をむく

お湯につけておいた栗のおしりのかたい部分を切り落とす。切り落とした部分から、包丁にひっかけるようにして鬼皮をはがす。鬼皮を取ったら、渋皮を包丁でむいていく。全体的に力がいるので手を切らないよう注意。

2その他の具材の下ごしらえ

玉ねぎは厚さ3~4mmの薄切り、マッシュルームは半分に切っておく。

3牛肉を焼く

牛肉はAをすり込み、サラダ油で4~5分、強めの中火で焼く。向きを変えながら、全体に焼き色がつくように。

牛肉を焼く
牛肉は全体にしっかり焼き色を。

4具材を加え炒める

3にバターを足し、玉ねぎを加えて中火で3~4分炒める。小麦粉を加え、さらに2分ほど炒める。

5赤ワインを注ぐ

半量になるまで強めの中火で4~5分煮詰める。

赤ワインを注いで煮詰めるまではフライパンで。そのほうが早く水分がとびます。

6煮る

鍋に移し、マッシュルームとBを入れる。蓋をずらしてのせ、焦げやすいのでときどき底から混ぜながら弱火で1時間ほど煮る。途中、煮詰まりすぎたら水を適当に(1/3カップ程度)足してOK。

7栗を加える

1を加え、栗がやわらかくなるまで10分ほど煮る。

煮る
鍋で煮込む。栗は10分くらいで煮えます。
完成

教える人

重信初江 料理研究家

料理研究家のアシスタントを経て独立し、雑誌やテレビなどで活躍中。身近な食材を使 った再現性の高いレシピに定評がある。旅行好きで韓国、台湾など旅先で出合った味をアレンジしたレシピも得意。晩ごはん献立』など著書多数。インスタグラムもおいしそう。

このレシピは四季dancyu「秋の台所。」に掲載されたものです。

文:椙下晴子 撮影:鈴木泰介

四季dancyu「秋の台所。」
四季dancyu「秋の台所。」
A4変型 判( 120 頁)
2019年09月13日発売 / 1,100円(税込)
この本を購入する