夏のひんやりスイーツ
ほろ苦くなめらかな若山曜子さんのミルクティーのパンナコッタ

ほろ苦くなめらかな若山曜子さんのミルクティーのパンナコッタ

紅茶のかすかな渋みが美味しい、大人のデザートです。暑い夏、体をクールダウンしてほっと一息つかせてくれるひんやりスイーツはいかがでしょう。菓子・料理研究家の若山曜子さんに火を使わないでつくれる夏にぴったりのデザートを習いました。

冷蔵庫でつくれる夏のおやつ

好評発売中のムック「四季dancyu 夏のレシピ」では、若山曜子さんに夏のひんやりスイーツを教えてもらいました。口当たりのいいヨーグルトやクリームチーズ、水気のある夏のフルーツなどを使った、シャリッ、ツルッが心地よい、夏のおやつ。オーブン使いはなし、冷蔵庫・冷凍庫でつくれる手軽さも魅力です。手づくりおやつが冷蔵庫に入っているといつでも好きな食べられて、家時間が楽しくなります。

今回はその中から、ミルクティー風味のパンナコッタをご紹介しましょう。

ミルクティーのパンナコッタのつくり方

材料材料 (4人分)

紅茶の茶葉大さじ1(アッサム、ウバなど)
1/2カップ
カルダモンパウダー少々
シナモンパウダー適宜(好みで)
牛乳1カップ
グラニュー糖大さじ3
粉ゼラチン5g(1袋)
生クリーム1パック

1下準備

小さい容器に水大さじ1(分量外)を入れ、粉ゼラチンをふり入れてふやかしておく。

ゼラチンをふやかす

2紅茶を煮だす

鍋に紅茶の茶葉、分量の水、カルダモンパウダーを入れて火にかける。ここにシナモンパウダーを加えてもいいし、入れなくてもいい。

紅茶を煮だす

3牛乳を加える

沸騰したらいったん火を止めて牛乳を注ぎ入れ、グラニュー糖を加えて混ぜ、再び火にかける。

牛乳を加える

4茶葉をこす

沸騰直前まで温めたら、茶漉しで漉しながらボウルに入れる。

茶葉をこす

5ゼラチンを加える

ふやかしておいたゼラチンを加え、ゴムベラで混ぜながら溶かす。

ゼラチンを加える

6生クリームを加える

別のボウルに氷水を入れ、5のボウルの底を氷水に当て、ゴムベラで混ぜる。少しとろみがついたら生クリームを加えてしっかりと混ぜる。

生クリームを加える

7容器に注ぐ

容器など(ここではティーカップ)に均等に入れ、ラップをして冷蔵庫に1時間ほど入れ、冷やし固める。

容器に注ぐ
完成
ここではティーカップを使って一人分ずつつくりましたが、大きなガラス器やボウルでつくって、みんなで取り分けても。

教える人

若山曜子さん

若山曜子さん

菓子・料理研究家。大学卒業後パリに留学、ル・コルドン・プルー、エコール・フェランディを経て、パティシエ、グラシエ、ショコラティエ、コンフィズールのフランス国家資格(C.A.P)を所得。パリのパティスリーなどで経験を積み、帰国後は企業のメニュー監修、雑誌・書籍などで活躍中。

文:松原京子 写真:木村 拓

※この記事の内容は、「四季dancyu 夏のレシピ」に掲載したものです。

四季dancyu「夏のレシピ」
四季dancyu「夏のレシピ」
A4変型判(120頁)
2021年6月11日発売/1,100円(税込)
この本を購入する