春に食べたい旬の味
酸味と甘味のバランスが絶妙な"真っ赤ないちごとトマトのサラダ"

酸味と甘味のバランスが絶妙な"真っ赤ないちごとトマトのサラダ"

トマトといちごという意外な組み合わせですが、醤油風味のドレッシングでマリネしすることで一つにまとまりフレッシュな味わいに。見た目も春らしく新鮮な一品です。春が旬の食材を使った軽やかな料理を、料理研究家の小堀紀代美さんに習いました。

冬から春は、一年で最もドラスティックに季節が巡るとき。体も春のものを食べたい、と欲しています。忙しい日々の中で新しいメニューに挑戦するのは大変だけれど、つくった後の達成感、そして満足感はお約束します! 明日が元気になる春の料理満載のレシピブック「四季dancyu 春のキッチン」の中からとっておきのレシピをご紹介します。

材料材料 (2人分)

いちご1パック(20粒前後)(小粒)
ミニトマト1パック(10~12個)
A 新玉ねぎ大さじ3(みじん切り)
A オリーブオイル大さじ1
A 砂糖大さじ1
A 醤油大さじ1
A 赤ワインビネガー小さじ1
黒胡椒少々

1材料を切る

いちごは洗ってヘタを取る。トマトは洗ってヘタを取り、横半分に切る。

2ドレッシングに漬ける

Aをボウルに入れて混ぜ合わせ、トマトを加えて10分ほど漬けておく。

ドレッシングに漬ける

3いちごを加えて盛りつける

いちごを加えて混ぜ、器に盛りつけて黒胡椒をふる。

完成
新玉ねぎを使った和テイストのドレッシングがいちごの甘味とトマトの旨味を引き立てます。一緒に口に入れたときの変化もぜひ楽しんでください。

教える人

小堀紀代美 料理家

小堀紀代美 料理研究家

レストランのマダムからカフェ「LIKE LIKE KITCHEN」の料理担当を経て、現在は同名の料理教室を主宰。予約がとれない人気ぶりながら、本人の気持ちはいまでも『料理勉強家!』なのだそう。楽しくをモットーに、テレビ、雑誌などへのレシピ提供、またYouTube、Instagramなどでも積極的に情報を発信。著書に『ライクライクキッチンの毎日和食』など。

※この記事の内容は「四季dancyu 春のキッチン」に掲載したものです。

文:上島寿子 写真:竹之内裕幸

四季dancyu「春のキッチン」
四季dancyu「春のキッチン」
A4変型判(120頁)
2021年3月13日発売/1100円(税込み)
この本を購入する
上島 寿子

上島 寿子 (文筆家)

東京生まれで、アルマーニで有名になってしまった銀座の泰明小学校出身。実家がビフテキ屋だったため、幼少期から食い意地は人一倍。洋酒メーカー、週刊誌の記者を経て、フリーに。dancyuをはじめ雑誌を中心に執筆しています。