松尾貴史のカレードスコープ
ジャズミュージシャンが集うカレーハウス|松尾貴史のカレードスコープ㉘

ジャズミュージシャンが集うカレーハウス|松尾貴史のカレードスコープ㉘

松尾貴史さんは友人のコメディアンから聞いたとあるカレーハウスに訪れました。そこはジャズが流れる心地よい空間だったといいます。そこで食べたビーフカレーの味とは――。

猫が店長の快適空間

全国の酒場やライブハウスを行脚する孤高の旅人、スタンダップコメディアンのナオユキ師匠から「あそこのカレーは絶対に美味い」と聞き、2018年にうかがったのが最初だった。

店内の雰囲気はジャズの世界で、片側の壁にはジャズ・ミュージシャンとの写真が夥しく額に入れて飾られている。日野元彦さん、ミッキーカーチスさん、牧山純子さん、誰だか知らないが外国の演奏家と思しき方々と、ジャンルを問わず多くのアーティストの素敵な笑顔がこちらを見ている。
店内にはもちろんジャズが、程よいボリュームで流れていて快適。なぜか、カレーにはフリージャズが合う気がする。

以前訪れた時には猫の店長がいた。17歳で天国に行かれたそうで、今の店長は「クーちゃん」生後4ヶ月。高貴な毛並みが美しい。

店長「クーちゃん」と女将さん

ビーフカレーを注文、ランチのセットでミニサラダつきで、コーヒーなどのドリンクをひとつ選べる。

辛さは、と女将さんに聞かれてどうしようかと迷って、「お、結構辛いね、ぐらいで」というと、先客の、通路の反対側で食べている常連と思しきお客さんが「5ぐらいじゃないか」とアドバイス。

快適な辛さだが、汗がとめどなく溢れてきた。
付け合わせは、玉ねぎスライスのアチャール、パン粉のようなもの、アミエビのふんわりとしたふりかけ。

パン粉のようなものは、ほんのりとシナモンの香りが立つ。

聞けば、パン粉とシナモン、ベーコンを炒ったものだそうで、それがなかなかに味わいを深くしてくれる。

ビーフカレーにアミエビが合うことにも驚いた。

1975年開店で、今46年ほどだそう。とても親切な女将さんが、ご近所さんのように話してくれてほっとする空間、必ずまた来ます。

外観

店舗情報店舗情報

カレーハウス ラジャ
  • 【住所】愛知県豊橋市花園町29
  • 【電話番号】0532‐53‐1705
  • 【営業時間】11:00~15:00 17:00~20:00
  • 【定休日】木曜
  • 【アクセス】豊橋鉄道東田本線「札木駅」より3分

文・撮影:松尾貴史

松尾 貴史

松尾 貴史 (俳優、タレント、ナレーター、コラムニスト)

1960年5月11日生まれ。神戸市出身。大阪芸術大学芸術学部デザイン学科卒業。 俳優、タレント、ナレーター、コラムニスト、“折り顔”作家など幅広い分野で活躍。著書に『違和感ワンダーランド』(毎日新聞出版社)『ニッポンの違和感』(毎日新聞出版社)等がある。YouTubeチャンネル「松尾のデペイズマンショウ」も随時更新中。